おススメ記事
広告

米『ウルフパック』がまた中国企業を撃沈!韓国にも影響の傑作

広告

アメリカ合衆国の『ウルフパック・リサーチWolfpack Research)』がまたやりました! 中国企業の嘘を暴き、撃沈させたのです。


『ウルフパック・リサーチ』公式サイト

同社は上場企業のデューデリジェンスに真価を発揮する投資集団です。「中国のNetflix(ネットフリックス)」と称される大手動画配信サイト『愛奇芸iQIYI)』の売上粉飾を見抜いたのも『ウルフパック・リサーチ』です。

中国企業『イーハン』は売上を粉飾している!

今回『ウルフパック・リサーチ』のターゲットになったのは、合衆国NASDAQに上場した中国企業『E-Hang(イーハン)』(億航)です。この『イーハン』は、自律型航空機、いわゆるドローンを製造・開発・販売する企業です。

『ウルフパック・リサーチ』のリポートによれば、『イーハン』の売上は、同社の株価を釣り上げてることが目的と推測できる『Shanghai Kunxiang Intelligent Technology Co.、Ltd』(以下『上海クンシャン』と記載)という会社によってもたらされています。

『ウルフパック・リサーチ』が調べてみると、この『上海クンシャン』のWebサイトの書かれた3つの住所は、

1.『上海クンシャン』とは関係のないホテル
2.13階と書かれているのに、そのビルは実際には11階建て
3.平日の午後だというのに従業員は一人しかなかった

とのこと。

『イーハン』の主要顧客『上海クンシャン』とはペーパーカンパニーに過ぎず、つまり『イーハン』は架空契約を結んで売上を粉飾している――と指摘したのです。

以下の点も注目ポイントです。

(前略)
『上海クンシャン』は、『イーハン』と4億5,000万人民元(約6,500万ドル)の売買契約を結ぶわずか9日前に設立されました

『上海クンシャン』の登録資本は1,000万人民元約140万ドル)に過ぎません。資本が非常に少なく、このような売買契約を実際に履行することはできません

それにもかかわらず、『上海クンシャン』は4か月後に『イーハン』とさらに3,000万人民元約430万ドル)の契約を締結しました。

そんなお金のない会社が、大金を支払わなければならない契約を結べるはずがありません。つまり架空契約です。ではなぜ契約を結んだフリをするのか?

株価を上げたいからに他なりません。

『ウルフパック・リサーチ』は以下の点も指摘しています。

(前略)
『上海クンシャン』の同じ財務マネージャーによると、同社は『イーハン』に1億人民元約1,400万ドル)のIPO前投資を行っています。
(後略)

『ウルフパック・リサーチ』によれば、株価を釣り上げて、その上で株式を売却して利益を得る――そのようなスキームで動いている詐欺というわけです。

韓国にも衝撃の余波! 前ソウル市長が金を投じていた!

傑作なのは、この衝撃の余波が韓国を揺さぶっていることです。

怪死した前ソウル市長、朴元淳(パク・ウォンスン)さんがこの『イーハン』からドローンタクシーを4億ウォンで購入しているのです。

Kドローン」と称してお米を積んで空飛ぶタクシーのデモを行った件を、Money1でもご紹介したことがありましたが、あれが『イーハン』から買ったものでした。

「Kドローン」というのに「中国製」なのかと失笑を買ったのですが、さらに詐欺を行っている企業のものだったというわけです。

『イーハン』株価大暴落!

『ウルフパック・リサーチ』の報告書によって『イーハン』の株価は以下のようになりました(チャートは『Investing.com』より引用)。

「なんだこりゃ(笑)」な陰線をご覧ください。

2021年02月16日の終値は「46.30ドル」。前日終値が「124.09ドル」でしたので「62.7%」の下落、大暴落です。

もう何度だって言いますが、中国企業なんて上場していようが、どんなに外面が良かろうがロクなものではありません。お金のためなら平気で詐欺でも働くのですから。

⇒参照・引用元:『Wolfpack Research』公式サイト「EHANG: A STOCK PROMOTION DESTINED TO CRASH AND BURN」

「Kドローン」が中国製だったので韓国政府が慌てて「国産開発」などと言い出す!
2020年11月11日にソウル汝矣島で「ドローンタクシー」のデモが行われました。80kgのお米を乗せて飛行し、うまくいった!いけるぞ!となっていたのですが……このドローンは中国製だったことが判明しています。中国企業『E-Hang』(億航)の...

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました