おススメ記事
広告

韓国「泣く泣く半額」で銅鉱山を売却と判明!

広告

先にご紹介したことのある韓国『鉱物資源公社』の話です。韓国では李明博(イ・ミョンバク)大統領の時代に、海外での資源開発にまい進しましたが、ハズレを引くことがほとんどでした。

莫大な債務超過のため資産は全て売却する!

これまで投入したお金が負債として積み上がり、また買収した鉱山などの維持費が巨額であることから(ペイしないでも保有しているので)『鉱物資源公社』は莫大な赤字となっております。

とっくに債務超過に陥り、資本量「-3兆3,650億7,700万ウォン」(約-3,298億円)、負債「6兆6,516億7,200万ウォン」(約6,519億円)という凄まじい貸借対照表です

で、韓国政府は保有資産を全て売却するという決定をしており、チリ・サントドミンゴの銅鉱山をカナダ『Capstone Mining Corp.(キャップストーン・マイニング)』に売却しました。


↑サントドミンゴ銅鉱山の場所(『Capstone Mining Corp』公式サイトより引用)

売却金額が明らかになったのですが、

1億5,400万ドル(約169億円)
(うち3,400万ドルで『鉱物資源公社』の債務を肩代わり)

で保有していた権益30%を譲渡したとのこと。

これまで同公社が投入した資金は10年間で2億5,000万ドル(約274億円)。これまでに発生した利息払い(資金を借りて投入したので)を考慮するとほぼ半額で売却したことになります。

読者の皆さまもご存じのとおり、現在、鉱物資源の価格は高騰しています。そのため、例によって韓国メディアでは「政府の判断が拙速に過ぎたのではないか」という声が上がっています。

惜しい気持ちは分からないでもありませんが、事実上デフォルトしている公社なので損切りして、少しでも国庫の負担を軽減するしかないのです。

仕方がないので、韓国政府は『鉱物資源公社』と『鉱害管理公団』を合併させることにしました。詳細は以下の記事を参照ください。

韓国「公社を合併」して大赤字を糊塗する!負債「6.6兆ウォン」
韓国の公社はその多くで財務状況が大変によろしくありません。 「お金がないのでニッケル鉱山を売らなければならないが日本に売るのは悔しい」などと詮なきことを述べていた『鉱物資源公社』については以前ご紹介しました。 この『鉱物資源公社...

(松田ステンレス@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました