おススメ記事
広告

米大統領令13959「中国特定企業への投資を遮断」資金流入を断て!

広告

2021年06月03日、アメリカ合衆国バイデン大統領は、大統領令(EO)13959に署名しました(2020年11月12日付けの先のEOの修正強化)。これにより、エンティティーリストに挙げられた中国企業に対する投資は禁止されます。該当企業の株式の購入、売却はできません。

これは中国の軍産複合体に合衆国の資金を投入させないためです。

以下に、『ホワイトハウス』のファクトシートから一部を引用します。

(前略)バイデン大統領は、中国の監視技術が中国外で使用されていることや、抑圧や深刻な人権侵害を促進するために中国の監視技術が開発または使用されていることが異常で並外れた脅威に該当する、と認定し国家緊急事態の範囲を拡大する。

このE.O.により、合衆国は、合衆国および同盟国の安全保障や民主主義の価値を損なう中国企業への合衆国の投資を、対象を絞り広範囲な方法で禁止することができる。
(後略)

エンティーティーリストには59の企業が掲載されました。2021年08月02日から発効されます。

以下がその59社です。『Huawei(ファーウェイ)』(華為技術)『SMIC』(Semiconductor Manufacturing International Corporation:中芯国際集成電路製造)が改めてターゲットになってるなど、なかなかか興味深いリストとなっています。もし、自分が投資している企業があったらご注意ください。

『Aerospace CH UAV Co., Ltd』
『Aerospace Communications Holdings Group Company Limited』
『Aerosun Corporation』
『Anhui Greatwall Military Industry Company Limited』
『Aviation Industry Corporation of China, Ltd.』
『AVIC Aviation High-Technology Company Limited』
『AVIC Heavy Machinery Company Limited』
『AVIC Jonhon Optronic Technology Co., Ltd.』
『AVIC Shenyang Aircraft Company Limited』
『AVIC Xi’An Aircraft Industry Group Company Ltd.』
『Changsha Jingjia Microelectronics Company Limited China Academy of Launch』
『China Aerospace Science and Industry Corporation Limited』
『China Aerospace Science and Technology Corporation』
『China Aerospace Times Electronics Co., Ltd』
『China Avionics Systems Company Limited』
『China Communications Construction Company Limited』
『China Electronics Technology Group Corporation』
『China General Nuclear Power Corporation』
『China Marine Information Electronics Company Limited』
『China Mobile Communications Group Co., Ltd.』
『China National Nuclear Corporation』
『China National Offshore Oil Corporation』
『China North Industries Group Corporation Limited』
『China Nuclear Engineering Corporation Limited』
『China Railway Construction Corporation Limited』
『China Satellite Communications Co., Ltd.』
『China Shipbuilding Industry Company Limited』
『China Shipbuilding Industry Group Power Company Limited』
『China South Industries Group Corporation』
『China Spacesat Co., Ltd.』
『China State Shipbuilding Corporation Limited』
『China Telecommunications Corporation』
『China United Network Communications Group Co., Ltd.』
『Costar Group Co., Ltd.』
『CSSC Offshore & Marine Engineering (Group) Company Limited』
『Fujian Torch Electron Technology Co., Ltd.』
『Guizhou Space Appliance Co., Ltd』
『Hangzhou Hikvision Digital Technology Co., Ltd.』
『Huawei Technologies Co., Ltd.』
『Inner Mongolia First Machinery Group Co., Ltd.』
『Inspur Group Co., Ltd.』
『Jiangxi Hongdu Aviation Industry Co., Ltd.』
『Nanjing Panda Electronics Company Limited』
『North Navigation Control Technology Co., Ltd.』
『Panda Electronics Group Co., Ltd.』
『Semiconductor Manufacturing International Corporation』
『Shaanxi Zhongtian Rocket Technology Company Limited』
『Zhonghang Electronic Measuring Instruments Company Limited.』
『Hangzhou Hikvision Digital Technology Co., Ltd. and Huawei Technologies Co., Ltd.』
『China Communications Construction Group (Limited)』
『China Electronics Corporation』
『China Mobile Limited』
『China Telecom Corporation Limited』
『China Unicom (Hong Kong) Limited』
『CNOOC Limited』
『Huawei Investment & Holding Co., Ltd.』
『Panda Electronics Group Co., Ltd.』
『Proven Glory Capital Limited』
『Proven Honour Capital Limited.』

⇒参照・引用元:『アメリカ合衆国 ホワイトハウス』公式サイト「FACT SHEET: Executive Order Addressing the Threat from Securities Investments that Finance Certain Companies of the People’s Republic of China」

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました