おススメ記事
広告

『パナソニック』が保有する米『テスラ』株を全部売る!「4千億円」確保

広告

日本『Panasonic(パナソニック)』はアメリカ合衆国の電気自動車メーカー『Tesla(テスラ)』の株式の全てを「約4,000億円」(36億ドル)で売却した、と公表しました。

保有していた『テスラ』株がゼロになったことは、2021年06月25日に公示された同社の有価証券報告書で確認できます。以下は第114期(2020年04月01日~2021年03月31日)の有価証券報告書ですが……。

⇒データ出典:『Panasonic』2021年06月25日提出「有価証券報告書」

確かに保有していた『テスラ』株式が0になっています。前期の決算では「808億9,700万円」の価値となっていますが、売却金額は「4,000億円」。

『テスラ』株の急騰によって『パナソニック』保有株式の価値も大きく膨らんだのです。

2010年に『パナソニック』が1株当たり「21.15ドル」で140万株購入したときには、電気自動車のバッテリーに全振りか?などといわれたりしましたが、ここで『テスラ』の株主を下りました。

以下は『テスラ』株式の「月足」チャートです(ローソク足1本が1カ月の値動きを示します:(チャートは『Investing.com』より引用)。

『テスラ』の株価が大きく上昇を始めたのは、2019年10月になってから。それまではご覧のとおりほとんどヨコヨコです(最近の急騰が大きいので小さく見えるのもありますが)。『パナソニック』はヨコヨコの株式を保有し続け、やっと10年目に報われたわけです。

現在は『パナソニック』は『テスラ』にバッテリーを供給していますが、株主から下りたことで、両社の関係がどうなるのかが注目されます。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました