おススメ記事
広告

韓国「電力供給」ギリギリの現実。予備率が「4.2%」と予測

広告

今夏の電力不足が懸念されている韓国ですが、電力供給需要に対してギリギリという現実が明らかになりました。

07月13日16:45現在
電力供給能力:96.1GW
電力需要(最大負荷):87.7GW
供給予備:8.4GW(予備率:9.6%

データ出典:『韓国 電力取引所』リアルタイム電力需給現況

07月13日時点で電力予備率は10%を切りました。


↑『韓国 電力取引所』公式サイト

懸念は07月01日に決まった「夏の電力需給見通しと対策」の中身です。

2021年07月第4週見込み
電力供給能力:97.2GW
電力需要(最大負荷):93.2GW
供給予備:4.0GW
予備率:4.2%

07月第4週には予備率が「4.2%」まで低下するとなっています。ギリギリといえます。これは2012年に以来で最も低い数字です。ちなみに2011年には電力不足のため、輪番停電を実施しています。

先にご紹介したとおり、ハヌル原子力発電所の「新1号機」に条件付きながら稼働許可を出しましたが、遅すぎて今夏は間に合いません。また、たとえ間に合っていたとしても変電所・送電網を増強してこなかっため、どっちにしろ電力は送れません。

ブラックアウトが起こらないことを祈るばかりです。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました