おススメ記事
広告

「ドルウォン」09月17日(金)初動・激闘!「1,180ウォン」を突破できるかの正念場

広告

正念場が来ました。

2021年09月17日(金)の市場が開きました。10:12現在、ドルウォンのチャートは以下のようになっています(チャートは『Investing.com』より引用)。

前日はアメリカ時間にもウォン安が進み、長い陽線で締まりました。本日はその流れを受けて、現在のところウォン安方向に進行しています。

正念場です。直近最高値を抜いて、ローソク足の実体線でウォン安方向に進行できるでしょうか。

本日は、ローソク足1本が1分間の値動きを示す「1分足」が、以下のように見物です。

激闘です。ローソク足が長く、上昇しては下に引き下げられるという攻防が続いています。どうも「1ドル=1,180ウォン」を超えさせたくないように見えます。

また動きがありましたら、随時記事を制作し状況をご紹介するようにいたします。

追記
本日は1分足が傑作です。

2021年09月17日(金)の韓国時間が終了しましたので、ドルウォンの状況を以下の記事にまとめました。本記事と併せてお読み頂ければ幸いです。

「ドルウォン」17日(金)夕刻・激闘一服も「1,176ウォン」まで戻る
2021年09月17日(金)の韓国時間※が終わりました。15:50現在、ドルウォンのチャートは以下のようになっています(チャートは『Investing.com』より引用)。 どうしても「1ドル=1,180ウォン」を超えさせたく...
「ワロス曲線」とは? 異常なチャートパターン
「ワロス曲線」とは、「韓国の通貨当局が通貨防衛のために為替介入を行い※1、その結果として現れる『極端な上昇・下降を繰り返すチャートパターン』のこと」です。 チャート上に下降「\」しては、上昇「/」するというパターンを繰り返すた...

(柏ケミカル@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました