おススメ記事
広告

韓国「国家総負債」の増加が止まらない!G20の中で明らかに異常

広告

政府負債・企業負債・家計負債の3つの部門のうち、韓国では政府負債と家計負債が異常な速度で増加しました。そのため、国家総負債(3部門の合計)もまた異常な増加を見せています。

2022年05月04日、韓国の『全国経済人連合会』が『BIS』(Bank for International Settlementsの略:国際決済銀行)のデータを基に興味深いリポートを出していますのでご紹介します。

韓国の国家総負債は、2021年第3四半期時点で対GDP比「266.3%」。G20の国家総負債の平均は「266.7%」なので、それよりは低いのです。

しかし、問題は国家総負債の推移です。以下をご覧ください(『全国経済人連合会』のリポートより引用)。


↑青い線がG20の「国家総負債の対GDP比」の平均。黄色の線が韓国。

⇒参照・引用元:『全国経済人連合会』公式サイト「コロナ19以降、G20の国家総負債は減少、韓国は継続増加」

上掲のとおり、G20の国家総負債の対GDP比は、2020年の「291.5%」をピークに下がり続けています。

コロナ禍の中、負債を大きく増やした(2019年の246.7%から44.8%増加)のですが、順調に減らしてきています。

ところが、韓国は以降も順調に負債を増加させています。ついにG20平均とデッドクロスしようかというところまできました。

文在寅政権が始まった2017年には、

G20平均:248.1%
韓国:217.8%

約30%も低かったのに、2021年第3四半期には「1.4%」まで差が縮まりました。

文政権下でいかに負債が増えたかの証明ですが、しかも負債の増加は止まっていないのです。文在寅さんはまさに「借金大統領」としてその名を韓国の歴史に刻んだといえるでしょう。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました