おススメ記事
広告

【速報】韓国「最低賃金問題」で労働側「1万340ウォン」を要求! なんと12.9%アップ

広告

短信です。誠に申し訳ありません。

2022年06月28日、韓国の「来年度最低賃金委員会」において、労働者委員は「1万340ウォン」を提示しました。

最初の要求「1万890ウォン」から550ウォン下げた形です。

ただ、これでも2021年度の「9,160ウォン」から「12.9%」の賃上げ要求です。

対する経営側委員の提示額は「9,260ウォン」。

2021年度から「100ウォン」のアップです(1.1%上昇)。

韓国経済の先行きが危ぶまれる中、12.9%の賃上げ要求というのは、かなりな無理筋だと思われるのですが……。

最低賃金委員会は、労働者委員、経営側委員、公益委員、それぞれ9人ずつ、計27人で構成されています。

もし最後まで差が埋まらず、合意に至らなければ、公益委員が提示する金額を評決にかけて決定されます。果たしてどうなるものか、ご注目ください。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました