おススメ記事
広告

南朝鮮「株価」2019年最終日も「外国人」売り越し 下半期「約4,016億円」の雪崩

広告

2019年の韓国の株式市場は本日12月30日(火)が最終日でしたが、KOSPI(韓国総合株価指数)は以下のように締まりました(チャートは『Investing.com』より引用)。

12月09日(月)から株価は上昇を続けてきたのですが、およそ2,208に引けるレジスタンスラインでストップし、結局この抵抗線を破ることはできませんでした。

最終日の30日も、一時はレジスタンスラインまで伸びました(上掲チャート12月30日の「高値」を参照)が、午後に入るとズルズルと後退し、陰線に終わっています。

問題は、最終日も外国人による大幅な売り越しで終わったことです。おなじみの『finance.naver.com』のデータによれば、12月30日外国人は「3,290億ウォン」の売り越しです。

これに対して個人が「1,233億ウォン」、金融投資が「2,122億ウォン」の買い越しがあり、結果として大幅な下落とならずに済んでいるのです。

「外国人」は下半期に雪崩のような売り越し!

日本も褒められたものではありませんが、韓国の株式市場でも「外国人」プレーヤーは大きな存在です。韓国の場合は新興国ですから特に外国人の投資は重要です。そこで、2019年外国人が韓国株式市場でどのように売買を行ったのか、2019年01月02日から2019年12月30日までの「日別買い越し金額」のデータをグラフにしてみると以下のようになります(データ出典は『finance.naver.com』)。

「日別買い越し金額」ですが、その日の買いよりも売りが大きければ当然データはマイナスとなります。0を挟んでスパイクの大きなジグザグ線になっていますが、2019年下期の方がマイナス、つまり売り越しが多いのがお分かりいただけるでしょうか?

2019年01月02日-2019年12月30日の外国人の日別買い越し金額を集計すると、

2019年通年:8,350億ウォンプラス(つまり買い越しが大きい)

なのですが、これを上半期(01-06月)と下半期(07-12月)で分けてみると、

上半期:5兆926億ウォンプラス
下半期:4兆2,576億ウォンマイナス

となります。つまり「外国人」は下半期になって雪崩のように韓国株式を売り越しており、12月30日現在のレートで日本円に換算すると約4,016億円分が売り越されたことになります。韓国の人は怒るかもしれませんが、2019年は下半期に入って潮目が変わったのです。外国人からすれば「売り」だと。

(柏ケミカル@dcp)

南朝鮮「株式市場」支える主体が危うい話 年金が吹き飛ぶ可能性あり
2019年11月も本日で終了。日本が半導体製造に関わる「フッ化水素」「フッ化ポリイミド」「レジスト」3つについて、韓国に輸出する際の優遇措置を取りやめると発表したのは07月01日でした。 その時点ではこれらの重要な素材はおよそ...
南朝鮮「株安」と「通貨安」は直結している! 一目瞭然です
韓国の通貨「ウォン」はここのところ通貨安から通貨高の方向へ傾いています。韓国株式市場でも以下のように12月に入ってから高値進行を続けてきました(チャートは『Investing.com』より引用:以下同)。 2019年1...
御大の言葉 私たちは合理的に追求せずにはいられない
<<引用01 ここから>> 私はこう思ったのだ。(あなたも理解してくれると思う)――自分の祖国はなぜ、あんな下手くそな戦争をやらかしてしまったのだろう? ほんの四〇年前の戦争で、あれほど見事な大戦略的勝利をおさめた国(注1)が...
タイトルとURLをコピーしました