おススメ記事
広告

【全文和訳】米韓「北朝鮮の封じ込め」で共同声明。

広告

2022年09月17日、アメリカ合衆国韓国は「米韓拡張抑止戦略協議体会議の共同声明」を公表しました。

以下が声明の全文和訳です。記録として記事にしておきます。

Joint Statement on the Extended Deterrence Strategy and Consultation Group Meeting
拡大抑止戦略及び協議グループ会合に関する共同声明

5月のジョセフ・R・バイデン大統領とユン・ソクヨル大統領の決定に基づき、合衆国と韓国(ROK)の外交・防衛機関は2022年09月16日にワシントンDCで次官・次官級で拡張抑止戦略・協議グループ(EDSCG)会合を開催した。

合衆国からはボニー・ジェンキンス国務次官(軍備管理・国際安全保障問題担当)とコリン・カール国防次官(政策担当)が代表団を率いて参加した。

EDSCGは、朝鮮半島における同盟国の抑止力とインド太平洋地域の安定を強化するための戦略・政策課題を包括的に議論する場であり、今回が3回目の会合となる。

09月16日の対話では、合衆国の韓国に対する安全保障上のコミットメントを強化・強化し、北朝鮮の侵略に対する抑止力を強化し、より広く北朝鮮の脅威に対抗するために、外交、情報、軍事、経済などあらゆる手段を用いていくという両パートナーのコミットメントが強調された。

合衆国と韓国は、DPRKが新たな核政策法の採択を含め、核兵器使用に関するエスカレートし不安定化させるメッセージを発していることに深刻な懸念を表明した。

双方は、同盟の抑止態勢を強化するために、両国の国力のあらゆる要素を用いる努力を継続することを約束した。

合衆国は、韓国に対して拡大抑止を提供するために、核、通常兵器、ミサイル防衛およびその他の高度な非核能力を含むその軍事能力の全範囲を活用するという鉄壁かつ揺るぎないコミットメントを再表明した。

合衆国と韓国は、北朝鮮のいかなる核攻撃も圧倒的かつ決定的な対応で迎え撃つことを明確にした。

双方はまた、合衆国の核・ミサイル防衛政策に関する緊密な同盟協議を継続・強化する意志を確認した。

合衆国は、北朝鮮を抑止し対応するため、また地域の安全保障を強化するために、戦略的資産を適時かつ効果的に地域に配備・行使し続けるために韓国との連携を強化することを約束した。

両者は、07月に行われた第5世代F-35A戦闘機の統合訓練と、ロナルド・レーガン空母打撃群の地域への配備が、そうした合衆国のコミットメントを明確に示すものであることを強調した。

双方は、核および非核の脅威に関する情報共有、訓練および演習の改善を通じて同盟の戦略的即応性を強化するための手段を引き続き検討し、図上演習のより良い活用を含むものとする。

双方はまた、連携を改善し、同盟のミサイル対応能力および態勢を強化し、宇宙およびサイバー分野において、拡大した複数領域の演習を含む協力を継続することを約束した。

合衆国は、韓国の「大胆な構想」の目的を強く支持することを改めて表明し、双方は、朝鮮半島の完全な非核化の達成に向けた協調的な努力を継続することを約束した。

双方はまた、外交、経済および軍事的手段を用いて、DPRの制裁逃れおよび不正なサイバー活動に対処するための協力を強化することについても合意した。

両国は、DPRKが複数の国連安全保障理事会(UNSC)決議に反して弾道ミサイルおよび大量破壊兵器の追求と開発を続けていることが、地域および世界の安全保障と安定、そして世界の不拡散体制を損なっていることを強調した。

双方は、すべての関連する国連安保理決議を支持し、完全に履行することの重要性で合意した。

合衆国と韓国は、DPRKの核実験には政府全体による強力かつ断固とした対応がとられることを再確認した。

両国は細部にわたって緊密に連携しており、あらゆる可能性のあるシナリオに対応できるよう待機している。

北朝鮮の核・ミサイル脅威の進展と地域における脅威の増大に直面し、双方は、韓米の戦略と態勢がインド太平洋の平和と安定を促進するよう、二国間演習・訓練や地域全体のパートナーとの三国間・多国間協力などを通じて引き続き協力することを約束した。

双方は、B-52戦略爆撃機の視察を含む第3回EDSCGが同盟の抑止力強化に実質的に貢献し、合衆国の拡大抑止に対する共通の理解と有効性を高めたと評価した。

双方は、ハイレベルのEDSCGを毎年開催することに合意した。次回のEDSCGの関与は、次回のEDSCGハイレベル会合に先立つ取り組みを進めるため、2023年前半に専門家レベルで開催される予定である。

⇒参照・引用元:『韓国 外交部』公式サイト「Joint Statement on the Extended Deterrence Strategy and Consultation Group Meeting」

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました