おススメ記事
広告

韓国の貿易赤字が累計「300億ドル」超えた!「経常収支が黒字だから大丈夫」も怪しくなってきた

広告

2022年10月11日、韓国の関税庁から毎度おなじみの輸出入動向が出ました。

2022年10月01~10日のデータです。以下をご覧ください。

2022年10月01~10日
輸出:117億9,700万ドル-20.2%
輸入:156億2,200万ドル-11.3%
貿易収支(輸出 – 輸入):-38億2,500万ドル

2022年01月01日~10月10日
輸出:5,367億ドル+11.2%
輸入:5,694億1,400万ドル+23.7%
貿易収支(輸出 – 輸入):-327億1,400万ドル

( )内は対前年同期比の増減

⇒参照・引用元:『韓国 関税庁』公式サイト「’22年10月1日〜10月10日の輸出入の現状」

上掲のとおり、10月の初動、01~10日の輸出入動向は貿易赤字スタートです(ただし通関ベースです)。

韓国は貿易で大きくもうからないと、つまり貿易収支が大きな黒字でないと国が傾きます。

累計の貿易赤字はついに「300億ドル」を超え、「-327億1,400万ドル」に達しました。

ただし、これは10月10日までの結果。毎月最後の10日間に黒字を大きく稼ぐ韓国ですので、締まってみないとまだ分かりません。

韓国メディアでは、2022年は「-480億ドル」までいくのではないか、という記事まで出ていますが、これもあくまで通関ベースの話。

しかし、いくら通関ベースとはいえ、赤字を積み上げているのは大変によろしくありません。韓国当局の「経常収支が黒字だから大丈夫」もだんだん怪しくなってきております。

なにせ08月には実際に経常収支が赤字に転落したのですから。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました