おススメ記事
広告

孫正義「1億ドルの損」

広告

韓国メディアでも、『ソフトバンクグループ』の総帥・孫正義CEOの動向はよく報じられます。在日韓国人の実業家で、世界的に成功した経営者と認められているからでしょう。

読者の皆さまもご存じのとおり、暗号資産の取引所『FTX』が破綻したのですが、これによって孫正義さんが1億ドルの損を出すことになったと韓国メディアも報じています。

『Bloomberg』の報道によれば、『FTX』の負債は2022年11月10日時点で「約90億ドル」。これに対して流動資産はわずか「9億ドル」しかなかったとのこと。

また、貸借対照表には「内部で適切に分類されていない隠された」法定通貨口座が80億ドルのマイナス状態にあることや、ユーザーが先週50億ドル引き出したこと――も記事になっています。

⇒参照・引用元:『Bloomberg(日本語版)』「【FTX】バランスシート状態に衝撃広がる、顧客資産回収は望み薄か」

とてもではありませんが、『FTX』から投じられた資金を回収するのは不可能な模様です。

韓国メディア『毎日経済』は以下のように本件を報じています。


↑『毎日経済』記事の紙面。わざとこういう写真を使っているのでしょう

日本ソフトバンクが暗号資産取引所『FTX』の破産申請で約1億ドル(約1,319億ウォン)の損失を記録すると推定された。

11日(現地時間)、『Bloomberg』は消息筋を引用して「ソフトバンクがFTXに1億ドルの資金を投資し、来る第4四半期にこれを償却すると予想される」と報道した。

先にソフトバンクはFTX投資の事実を認めたが、どれだけの資金を投資したかは公開しなかった。

ただし、『FTX』は声明を通じてソフトバンクが昨年9億ドル規模のシリーズBファンディングラウンドに参加したと明らかにした。
(後略)

⇒参照・引用元:『毎日経済』「孫正義もFTX破産申請で1,319億ウォン失った」

あちこちに投資して資産価値を膨らませてきた『ソフトバンクグループ』ですが、資産価格の下落という逆風状態で困っています。韓国メディアも『ソフトバンクグループ』の苦境には注目しており、なんとか孫さんには苦境を脱し、また大儲けをしていただきたいものです。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました