WTO「開発途上国・優遇廃止」トランプ師匠の期限は本日!

アメリカ合衆国のトランプ大統領は、かねてよりWTO(World Trade Organizationの略:世界貿易機関)についての改革を迫っています。

その流れで。トランプ大統領は2019年07月には「全く開発途上国に当たらない国が、そう偽ることで優遇措置を受け続けている」と非難のtweetを行いました。これは以下の記事でご紹介したとおりです。

トランプ師匠「優遇措置撤廃」を叫ぶ! 中国・韓国への優遇措置はなくなるかも

トランプ大統領は07月26日には、「WTOが90日以内に、中国など約20カ国への優遇措置を止めないなら、米国は一方的に開発途上国待遇を止める」と宣言しており、その意向を受けたUTSR(United States Trade Representativeの略:合衆国通商代表部)のライトハイザー代表は動いてきました。

この90日の期限が本日10月23日に切れます。
合衆国は独自の措置に踏み切ることになりそうです。

(柏ケミカル@dcp)

合衆国はWTOを機能停止に追い込む。改革なくば解体か

合衆国がWTOに諦観を持つ理由 WTOは役に立たない