おススメ記事
広告

「LTV」とは? 「有利子負債比率」は企業判断にも使える

広告

LTV」と略される用語としては「Life Time Vlalue」があり、これはマーケティング用語。日本語では「顧客生涯価値」と訳されます。

投資の世界で使われる「Loan To Value」も略して「LTV」ですが、こちらは日本語では「有利子負債比率」です。総資産に占める借入金(つまり借金)の割合のことです。社債・借入金など有利子負債の総額を資産価値で割って求めます。

最近では、不動産を基にしたJ-REITが投資先として人気ですが、不動産を入手する際に借入金を充てることが多いことから、どのくらい借入金で賄われているのかを判断するのにLTVを用います。

また、この有利子負債比率を示すLTVは投資先企業が安全かどうかを判断する際に使うこともできます。有利子負債をその企業の資産価値で割れば、その企業の価値に占める借金の割合を出すことができます。もしその企業の価値の多くが借金でできているとすれば、それは危ないと考えられますよね。

ソフトバンクGの孫正義社長は「純有利子負債を保有株式価値で割ったLTV」を一つの経営指標としているそうです。

(柏ケミカル@dcp)

J-REITとは?
J-REIT 不動産投資信託 「J」が頭についているのは、Japan(日本)の「J」で、日本版のREITという意味。「REIT」はReal Estate Investment Trustの略で「不動産投資信託」と訳される。 もと...
中国の不動産業いよいよダメ 上半期だけで約9.3兆円の債券発行
先に、中国の私募債のデフォルト件数についてご紹介した際に、例として中国の不動産大手(中国で3位の規模とされる)『恒大集団』についてご紹介しましたが、現在中国では多くのメディアで不動産業者の行き詰まり感が報道されるようになっています。...
中国企業の無茶な資金調達のお話 これは無理ゲー!
中国企業の発行した私募債のデフォルト(債務不履行)が急増しています。私募債というのは、特定の少数の投資家に引き受けてもらう社債です。 2017年と2018年を併せたデフォルト総額は267億元だったのですが、2019年08月には...
タイトルとURLをコピーしました