「TEDスプレッド」とは?

「TEDスプレッド」とは、「3カ月物Tビル」と「3カ月物ユーロドル」との金利差のことをういいます。「T-bill」と「Euro Dollar」の頭文字を取って「TED」と呼称します。

ユーロドルとはユーロ市場で取り引きされているアメリカ合衆国のドルのことで、TEDスプレッドで参照されるのはLIBOR(ロンドン銀行間取引金利)の「3カ月物ユーロドル」です。

Tビルについては以下の記事を参照してください。

「Tビル」とは?

TEDスプレッドが注目されるのは金融市場の動向(信用不安の大きさ)を見るのに適した指標とされるからです。信用不安がある場合には、Tビルが購入されるためにその利回りは低下しますが、一方でユーロドル金利は信用リスクのため上昇し、結果として金利差、TEDスプレッドは拡大します。逆に信用不安が小さくなればTEDスプレッドは縮小します。

このようにTEDスプレッドを見ることで、現在の金融市場で信用不安はどの程度の大きさとなっているのかを測ることができるというわけです。

(柏ケミカル@dcp)

日本の「自主防衛コスト」はいくらになる?

「グレイマーケット」とは?

ダイレクト・リスティングとは? 資金調達はIPOの目的ではない!?