南朝鮮「ウォン安」再び激闘か

先に韓国の「株安・通貨安」にてご紹介しましたが、2019年12月03日19時30分現在(日本時間)、下掲のようにきれいなチャネルラインに乗って(さらに下のチャートを拡大したものを参照してください)ウォン安が進行しています(チャートは『Investing.com』より引用)。

上のチャートはローソク足1本が1日の値動きを示す日足ですが、これを1分足にすると以下の赤丸内のような部分が見受けられます。

どこかで見たような派手な動きとなっていますが、さてウォン安はこのまま継続されるでしょうか?

「ワロス曲線」とは? 異常なチャートパターン
「ワロス曲線」とは、「韓国の通貨当局が通貨防衛のために為替介入を行い※1、その結果として現れる『極端な上昇・下降を繰り返すチャートパターン』のこと」です。 チャート上に下降「\」しては、上昇「/」するというパターンを繰り返すた...

(柏ケミカル@dcp)

南朝鮮「株安・通貨安」進行のシナリオ すでに始まっているかも
2019年12月02日の韓国の通貨「ウォン」をドルウォンチャートで、韓国株式市場の動向をKOSPI(韓国総合株価指数)チャートで見てみましょう(チャートは『Investing.com』より引用)。どちらも日足チャートですので、ローソ...
南朝鮮「株式市場」支える主体が危うい話 年金が吹き飛ぶ可能性あり
2019年11月も本日で終了。日本が半導体製造に関わる「フッ化水素」「フッ化ポリイミド」「レジスト」3つについて、韓国に輸出する際の優遇措置を取りやめると発表したのは07月01日でした。 その時点ではこれらの重要な素材はおよそ...
タイトルとURLをコピーしました