南朝鮮「ウォン安」11日「1,194ウォン」を捉える KOSPIも「なんだこりゃ」

連日韓国の通貨「ウォン」の動向についてご紹介していますが、上掲のとおり2019年12月11日(水)10:34現在は「1ドル=1,193ウォン」近辺での取引となっています(チャートは『Investing.com』より引用:以下同)。

夜が明けるまでの戦いの見どころは以下の記事でご紹介しましたが、ウォン安へのチャンレンジはあったものの結局は「1ドル=1190.46ウォン」と買い勢力に抑え込まれた形となりました。

⇒参照:『Money1』「南朝鮮「ウォン安」10日は激闘だったか どつき合いの時間帯も」
https://money1.jp/archives/11527

ところが11日市場が開いてからはすっとウォン安方向へ動き、一時は「1ドル=1,194.26ウォン」まで値が進みました。現在はさすがにウォン高方向へ戻した形となっております。これまた抑え込まれるかどうかが見どころです。

ウォン安と同時に懸念される韓国株式市場ですが、KOSPI(韓国総合株式指数)を見ると10日(火)には上掲のような「なんだりゃ」みたいな値動きが出ており(ローソク足1本が1分の値動きを示す1分足です)、なんだかなぁな気配(すみません)となっております。

(柏ケミカル@dcp)

トランプ師匠、改めて「軍事オプションもアリ」と示唆
NATO(North Atlantic Treaty Organizationの略:北大西洋条約機構) ストルテンベルグ事務総長との会合が行われたロンドンで、アメリカ合衆国のトランプ大統領は北朝鮮の非核化交渉について、 We ...
今度は「ウイグル人権法」合衆国下院で可決! 中国圧迫の動き止まらず
アメリカ合衆国の超党派議員による「中国の人権弾圧」に対する抗議アクションが止まりません。 先にトランプ大統領が署名し「香港人権・民主主義法」(Hong Kong Human Rights and Democracy Act)が...
タイトルとURLをコピーしました