台湾「蔡総統」再選&民進党「過半数」獲得

台湾総統選挙(中華民国総統選挙)は予想どおり蔡英文総統の再選となりました。総統選挙と同様に重要だった議会選挙でも、蔡英文総統の『民進党』が61議席と過半数を占めることに成功しました(台湾議会は113が定数なので、過半数には57議席必要)。

総統選挙で民進党が有利となっていることは自明のことでしたので、国民党(そして中国共産党)は議会選挙で過半数を占めるために全力を尽くしているという情報もあったのです。もし、これが実現していれば蔡総統は難しい議会運営を余儀なくされるところでした。

しかし、開票結果は「民進党:61議席」「国民党:38議席」と蔡総統・民進党にとって胸をなで下ろすものでした。しかし、民進党は前回選挙から7議席を減らし、国民党は3議席を増やしています。これからも民進党議員に対する、なんらかの切り崩し工作が継続されることを覚悟しておく必要はあるでしょう。

中国は11日深夜、蔡総統の再選を受けてさっそく「一国二制度による平和的国家統一」「一つの中国ポリシー」の基本的立場に変更がないことを表明。台湾独立の動きに断固反対すると主張しています。

2019年01月に中国・習近平国家首席は台湾の統一には武力行使も辞さずと述べていますが、まさにそうでもしないと台湾を中国に組み入れられない状況になってきました。

しかし、現在の中国人民軍に台湾への渡洋侵攻作戦が可能とは考えられません。さらに、中国ではいよいよ経済面の苦境が露わになっていますので、過大なロジスティックスが必要になる軍事行動は取れません。ただし、やるなら今しかないと考えて浅薄に暴発する可能性はゼロではないでしょう。

(柏ケミカル@dcp)

「合衆国」ヒラリー・クリントンは台湾を中国へ売ろうと考えた
アメリカ合衆国下院でトランプ大統領に対する弾劾決議案が可決されましたが、これを進めた民主党への共和党の反発は大きく、共和党が過半数を占める上院で大統領弾劾の動きが認められるとは考えられません。 トランプ大統領側の反撃も始まって...
中国、台湾独立の動きなら戦争辞さず 新冷戦の焦点「台湾」
07月24日、中国国防報道官が国防白書を公表しましたが、台湾独立の動きに対して「戦争をする用意がある」と述べました※。 アメリカ合衆国と中国の新冷戦では、台湾がホットスポットとなり、2019年になってにわかに緊張が高まっていま...
合衆国は中国との正面衝突コースに入った
Money1では以前から、中国との対立が続けば「合衆国は台湾を独立国として認める可能性があるのではないか」と指摘してきましたが、先日紹介した「インド太平洋戦略報告書 2019年6月」でついに合衆国国防総省(The Departmen...
タイトルとURLをコピーしました