from Sponsor

南朝鮮「ウォン」なぜか「1ドル=1,160ウォン」でもみ合い

from Sponsor

韓国通貨「ウォン」のこれからのトレンドを占う意味で、値動きが注目された2020年01月第3週目でしたが、01月17日(金)22:32現在(日本時間)以下のようになっています(チャートは『Investing.com』より引用:以下同)。

上掲はローソク足1本が1日の値動きを示す「日足」です。先にお伝えしたとおり、14日がウォン安方向で決着しましたので、それを受けて基本的にはウォン安トレンドなのですが、安値進行の上値が強く抑えられています。ウォン高方向への圧力も強いのです。17日(金)のプライスアクションを、ローソク足1本が1分の値動きを示す「1分足」にしてみると以下のようになります。

なぜか「1ドル=1,160ウォン」のラインを巡って、ローソク足が細かく入り乱れているのがお分かりいただけるでしょうか?「A」ポイントでは一時「1ドル=1,160ウォン」を超えていたのが下(ウォン高方向)へ抑え込まれ、「B」ポイントでは 「1,160ウォン」を超えられず、「C」ポイントでは「1,160ウォン」を巡って上下に勢力が伯仲しています。直近の「C」のポイントを拡大すると以下のようになります。

上下のローソク足が非常に混み合っていますね。17日(金)22:32現在、どうも焦点は「1ドル=1,160ウォン」を日足の実体線で超えるか超えないかになっているようです。

(柏ケミカル@dcp)

南朝鮮「ウォン」14日は結局「ウォン安」方向へ なんだコレ
南朝鮮「ウォン」14日は結局「ウォン安」方向へ なんだコレ
「ワロス曲線」とは? 異常なチャートパターン
「ワロス曲線」とは、「韓国の通貨当局が通貨防衛のために為替介入を行い※1、その結果として現れる『極端な上昇・下降を繰り返すチャートパターン』のこと」です。 チャート上に下降「\」しては、上昇「/」するというパターンを繰り返すた...
南朝鮮「ウォン安」安値進行 通貨当局は為替介入しているのか?
2019年12月11日(水)、19:50(日本時間)現在、韓国の通貨「ウォン」は以下のような情勢になっています(チャートは『Investing.com』より引用/日足:以下同)。 ローソク足が示すとおり、本日の市場が開...
タイトルとURLをコピーしました