from Sponsor

南朝鮮「ウォン安」祝日を尻目に爆進! 「1ドル=1,177ウォン」へ

from Sponsor

韓国が祝日だというので、また油断しておりました。韓国通貨「ウォン」が安値方向へ爆進しました。2020年01月27日(月)17:50現在(日本時間)、ドルウォンチャートは以下のようになっています(チャートは『Investing.com』より引用)。

先の原稿では「今週は1ドル=1,170ウォンを実体線でまず超えるかどうか……」みたいなことを書いておりましたが、すでに「1ドル=1,177ウォン」まで達しました。韓国は旧正月で祝日なのですが、月曜日からウォン安が急発進した格好です。

さすがにどこかで「戻し」が入るでしょうが、新型コロナウイルスについての騒動はまだ始まったばかりという観測もありますので、本日のアメリカ合衆国時間にもレートを注視しないといけないかもしれません。

※追記
27日(月)は一時およそ「1ドル=1,179ウォン」まで安値を伸ばしました。
以下にまとめましたので、よろしければ併せてお読みくだされば幸いであります。

南朝鮮「ウォン安」1,180ウォン目前まで進行 日足はついに「ブレイク」
27日(月)の韓国通貨「ウォン」の続報です。締まってみると、やはり大きい上ヒゲが出るほど戻しましたがドルウォンチャートは一時「1ドル=1,179ウォン」に達しました(チャートは『Investing.com』より引用:以下同)。 ...

(柏ケミカル@dcp)

新大統領の「どうしようもない現状」 その01「輸出依存の形」
南朝鮮で新しい大統領が選出されましたが、国の経済状態は極めて悪く、新大統領の手腕がどんなに素晴らしいものであっても、もはやどうしようもない状況となっています。今回は「韓国の経済状態」がどのようなものであるのか、と俯瞰してみます。 ...
新大統領の「どうしようもない現状」その02「家計債務」
韓国経済の「どうしようもない現状」の続きです。今回は、韓国経済の問題点と指摘される「家計債務」についてご紹介しましょう。2015年にマッキンゼー(経営コンサルタント会社として世界的に有名な会社です)が、持続不可能なほど個人債務残高(...
新大統領の「どうしようもない現状」 その03「不動産問題」
南朝鮮の新大統領が我らの安倍ちゃんと電話で話し、さっそく意見の相違が明らかになったようです。そもそも新大統領・文在寅は、親北政権であった盧武鉉大統領の側近だった人です。あほボンが独裁する国家にシンパシーを抱いているようですので、見え...
新大統領の「どうしようもない現状」その04「循環資本の問題」
南朝鮮の新大統領が直面している「どうしようもない状況」についてのご紹介、その続きです。韓国という国の経済的袋小路は一朝一夕にできたものではないので、解決のためには「抜本的な手段」を講じないとできません。しかし、それができるような環境...
タイトルとURLをコピーしました