おススメ記事
広告

南朝鮮「株安」も一気に進行 支持線あっさり破られる

広告

2020年01月30日(木)は韓国にとって受難の日となりました。

先に特報でもお伝えしたとおりウォン安が力強く進行しました。この記事を書いている30日23:30現在(日本時間)も「1ドル=1,190-1,191ウォン」辺りでの攻防が続いております。しかし、「これだけウォン安」が進行したということは……、そうなのです。韓国では「株安・通貨安」はペアですから、株式市場の動向を示すKOSPI(韓国総合株価指数)も以下のように大きな下落となっているのです(チャートは『Investing.com』より引用)。

旧正月の祝日があったため「新型コロナウイルス」の影響も最小限になるのでは……なんて観測もあったのですが、中国でのアウトブレイクは凄まじく、全世界的な感染拡散「パンデミック」と呼んでもよいような状況に近付いているため、「影響は最小限」という虫のいい話にはなりませんでした。

およそ「2,164」あたりに引けそうなサポートライン(支持線)はいともあっさりと破られ、終値は「2,148」に達してしまいました。もともと「引けそうな」といううっすらとした支持線ですから簡単に破られるのは仕方ありません。ともかく上記のとおり01月30日は韓国にとって株安・通貨安が大幅に進行する「厄日」でした。

問題はここで止まるか、です。

(柏ケミカル@dcp)

「新型コロナ相場」と命名か 下落相場がパンデミック
中国・武漢で起こった新型コロナウイルス(WHOの定義名称によれば「2019-nCov」)のアウトブレイク※。事態収拾の見通しが立たないことから、中国のみならず、全世界の市場が下げ進行に巻き込まれています。 上掲はNYダ...
外貨準備高の基礎知識 日本と南朝鮮の外貨準備を見てみよう
南朝鮮の中国との「外貨スワップ協定」が10月10日に期間終了を迎えます。これが延長できるかどうかは南朝鮮の経済の安定に大きく影響しまので、南朝鮮ウォッチャーの間では話題になっているようです。ここで注目されるのは「外貨準備高」です。今...
南朝鮮「高純度フッ酸」本当にできた? ソウルブレイン03日の株価は微妙
01月02日、韓国の「産業通商資源部」が「ソウルブレイン社、最高レベルの高純度フッ酸(12N)大量生産能力の確保」というリリースを出しました。 ⇒参照・引用元:『産業通商資源部』「ソウルブレイン社、最高レベルの高純度フッ酸(1...
タイトルとURLをコピーしました