from Sponsor

南朝鮮「ウォン安」07日(金)決着! 「1ドル=1,196ウォン」ならずもウォン安圧力高し

from Sponsor

2020年02月07日(金)が決着しました。ウォン安トレンドがとこまで伸びるのか注目された「ウォン」ですが、一時「1ドル=1,195.92ウォン」まで達したもののさすがに戻しが入りそこから約3.5ウォン戻されました。チャートは以下になります(『Investing.com』より引用:以下同)。

終値は「1ドル=1,192.39ウォン」でアメリカ時間初動に見せた不穏な上昇感からすればすれば、少し物足りない結果です。ローソク足1本が1分間の値動きを示す「1分足」で見ると以下のようになります。

⇒日本時間は初動は上昇(ウォン安が進行)して以降レンジ
⇒欧州時間は急騰(ウォン安の急進行)
⇒アメリカ時間は初動で上昇、一時はおよそ1,196ウォンに迫るも下落(ウォン高進行)して終了

レンジ……一定の値幅の中で値が動くこと

アメリカ時間でも再上昇した局面があり、さらに一段ウォン安が進行するかと思われたのですが、結局07日は「1ドル=1,196ウォン」を超えることはありませんでした。

これで02月第1週が締まりましたので、ローソク足1本が1週間の値動きを示す「週足」にしてみると以下のようになります。

02月第1週のローソク足は長い下ヒゲを持つものとなりました。底が「1ドル=1,177.90ウォン」ながら終値「1ドル=1,192.39ウォン」と、約14.5ウォンもウォン高圧力を押し返していることからも分かるとおり、(ウォン安を進行させる)ウォン売り・ドル買い勢力は決して弱くありません。

現在のドルウォン状況を引いて見る

以前の記事で使った図を再掲載してみます。

韓国の通貨「ウォン」は2018年から2019年にかけて着実に安値のステージを進んできました。上掲はちょうど2019年の終わりごろに使用した図なので、2018年始まりから2019年の終わりまでのドルウォンの値動きを示しています。

レンジ相場①」⇒「レンジ相場②」⇒「ヘッド&ショルダー」と、2019年の終わりまでに3つのステージがあり、ステージを経るごとに「底値」を切り上げていることがお分かりいただけるでしょう。

ステージを経るごとに底値は約50ウォンずつ切り上がってきました。もし、次のステージに進行し、また50ウォン切り上がったら、底値が韓国の通貨当局が嫌がっているであろう「1ドル=1,200ウォン」に達する可能性があるのです。

2020年02月第1週が終わったところですが、「現在は4つ目のステージを作りにかかっているのではないか?」と勘ぐることも可能です。

長くなりますので、この件は別記事にいたしますが、「相場チャートというのは大変面白いものだ」と思っていたけたら幸いです。

追記
「1ドル=1200ウォン」がなぜ意識されるのかについて以下の記事を制作いたしました。もしよろしければ併せてお読みいただければ幸いです。
記事を読んでいただけたことに深く感謝申し上げます。

南朝鮮「ウォン安」の防衛線は、なぜ「1,200ウォン」なのか 「KIKOの呪い」では?
Money1では「1ドル=1,200ウォン」のラインを防衛線と呼称し、ここまでウォン安(チャートで上昇)が進むと韓国通貨当局も座視してはいないとご紹介してきました。実際、韓国メディアでも為替介入についての記事が出たことがあります(2...

(柏ケミカル@dcp)

南朝鮮「ウォン」2018-19年で着実に「通貨安」のステージを進めてきた
2019年もいよいよ終わりですが、12月の第4週が終わった段階で韓国の通貨「ウォン」の対ドルレートは以下のようになっています(ドルウォンチャートは『Investing.com』より引用/日足:以下同)。 12月12日に...
南朝鮮「ウォン」抵抗線が正念場 次ステージ「底値1,200ウォン」があり得るから
誠に申し訳ありませんが、昨日の記事の続きです。2018-2019年の「ドルウォンチャート」とトレンドラインを引いたチャートをご覧ください(チャートは『Investing.com』より引用:以下同)。 「レンジ相...
「不況型黒字」とは?
「不況型黒字」という言葉があります。これは景気が良くないのにも関わらず経常収支が黒字になっている状態のことを指します。 経常収支は「貿易・サービス収支」「第一次所得収支」「第二次所得収支」の合計ですが、簡単にいえば「輸出を行っ...
タイトルとURLをコピーしました