毎月3万円の積み立て投資で3,000万円をつくる!

老後資金2,000万円なんて可能なの?

可能です! ご相談ください
from Sponsor

南朝鮮「ウォン安」07日深夜 アメリカも本日は「やる気」か

from Sponsor

2020年02月07日(金)23:45(日本時間)、こうして記事を書いている間にも相場は動いているので、あくまでもこの時点のご紹介です。アメリカ時間が始まり、ドルウォンチャートは以下のように不穏にウォン安方向に進行しています(ローソク足1本が1分間の値動きを示す「1分足」です/チャートは『Investing.com』より引用:以下同)。

本日はアメリカさんも「やる気」かもしれません。

上掲も「1分足」ですが、この時間帯はおよそ「1ドル=1,193.43ウォン」を底、およそ「1ドル=1,195.15ウォン」を天井としてきました。しかし、アメリカ時間に入ってから、不気味に上昇を続けています。恐らく「1ドル=1,194.40ウォン」辺りで止めたかったのでしょうが、徐々に底値を切り上げ、天井のおよそ「1ドル=1,195.15ウォン」を突破にかかっています。

アメリカ時間でどこまで上昇(ウォン安方向への進行)を続けるのか、もちろんまだ数時間あるので結果は分かりませんが、ローソク足の動きを見る限り現在のところウォン安圧力はかなり強いと見られます。

また 07日が締まったら記事を制作し、ドルウォンの行方 どう決着したかをご報告をします。

追記その02
激闘を見せた2020年02月07日(金)が締まりました。以下に記事をまとめましたので、もしよろしければ併せてお読みくださいませ。

南朝鮮「ウォン安」07日(金)決着! 「1ドル=1,196ウォン」ならずもウォン安圧力高し
2020年02月07日(金)が決着しました。ウォン安トレンドがとこまで伸びるのか注目された「ウォン」ですが、一時「1ドル=1,195.92ウォン」まで達したもののさすがに戻しが入りそこから約3.5ウォン戻されました。チャートは以下に...

(柏ケミカル@dcp)

南朝鮮「1997年通貨危機」でいくらかかったか 「20兆円を超えたのでは」という話
1997年に起こった「アジア通貨危機」では韓国もドボンになり、IMFからの支援を受けました。支援と引き換えに様々な改革が行われ韓国経済は大きなダメージを受けた――と知られていますが、いまだに韓国ではこのときの痛みが忘れられてはいませ...
元安で追加関税を相殺できるが限度がある
ロイターに「中国人民銀行は、目先1ドル=7元を超える元安を容認しない」という記事が掲載されました。Moneyで以前ご紹介したとおり、アメリカ合衆国による追加関税賦課に対して、中国は元安を利用してそのダメージを和らげることができます。...
南朝鮮「通貨スワップ協定」金額が全然足りない理由 約1,600億ドル要るんですよ
先の記事で、韓国が現在締結している(としている)通貨スワップ協定が危機時には恐らく足りないと記述しましたが、そう推測できる理由です。 アラン・グリーンスパン元FRB議長が述懐したように、1997年のアジア通貨危機時に韓国はIM...
タイトルとURLをコピーしました