毎月3万円の積み立て投資で3,000万円をつくる!

老後資金2,000万円なんて可能なの?

可能です! ご相談ください
from Sponsor

南朝鮮「ウォン」10(月)開始! ウォン高への「戻し」をどこで止めるか

from Sponsor

通貨安トレンドの行方がどこまで続くか注目される韓国の通貨「ウォン」。注目の10日(月)の市場が開き、10:29現在(日本時間)、ドルウォンチャートは以下のようになっています(チャートは『Investing.com』より引用)。

09:57ごろまではぐずぐずと「やや下(ウォン高)方向」となっていましたが、10:13ごろからその動きが強くなり「1ドル=1,190ウォン」を割られてしまいました。かなり強い「戻し」です。この初動を見る限り、どこでウォン高進行を止められるかがまずは焦点となるでしょう。

実はここ数日、ウォンの高安は中国の通貨「人民元」の動きと面白いぐらい連動しています。以下をご覧ください(チャートはオフショアの人民元(CNH)です)。

上が「ドルウォン」、下が「ドル人民元」のチャートですが値幅こそ違え、非常によく似ていることが分かります。

また動きがありましたら随時ご紹介するようにいたします。

追記その02
2020年02月10日(月)がほぼほぼ決着しましたので以下の記事にまとめました。併せてお読みいただければ幸いです。

南朝鮮「ウォン」10日決着 1,188ウォンまで戻る
韓国通貨「ウォン安」トレンドがどこまで継続されるかが注目されていますが、2020年02月10日(月)のドルウォンチャートが締まりました。以下のようになっています。 強力なウォン高(チャートでは下方向)への圧力が強かった...

追記その01
10:29現在のチャート内に始値・高値・安値・終値の数字が間違っておりましたので修正いたしました。誠に申し訳ありませんでした。

(柏ケミカル@dcp)

タイトルとURLをコピーしました