毎月3万円の積み立て投資で3,000万円をつくる!

老後資金2,000万円なんて可能なの?

可能です! ご相談ください
from Sponsor

「韓国ウォン」18日決着・ウォン安進行「1,190ウォン」超

from Sponsor

安値トレンドがどこまで続くのかに注目が集まっている韓国通貨「ウォン」。2020年02月18日(火)が(ほぼほぼ)締まりまして、ドルウォンチャートは以下のようになりました(チャートは『Investing.com』より引用)。

先の記事でもご紹介したとおりテッペンは「1ドル=1,192.07ウォン」でしたが、さすがに戻されておよそ「1ドル=1,190.50ウォン」までウォン高方向へ戻しました。以下は、ローソク足1本が1分間の値動きを示す「1分足」で18日の全体像を見たものです。

赤い点線を引いてあるのはテッペンの「1ドル=1,192.07ウォン」です。18日はとにかくチャートで上(ウォン安方向)へ向かう力が強く、油断するとポンと値が上がるというような展開でした。下掲はテッペンをつけた時間帯の1分足です。

テッペンを付けた足が長い陰線になっているのがお分かりいただけるでしょうか? つまりスポンと上へ抜けて天井を付け、慌てたようにスグに値が引き下げられるというプライスアクションのローソク足です。18日は、このようなちょっと気を抜くと「上へ」の動きが現れるという、見ている方も楽しめる日だったのです。

19日(水)が開場します。02月第3週、3日目です。恐らく、まずはこのウォン安進行への戻しが入るでしょう。

また随時、記事を制作しプライスアクションについてご紹介いたします。

追記
2020年02月19日(水)が開場しましたので、初動の動きを以下の記事にまとめました。なんとウォン安がさらに進行する展開となっています。本記事の続きになりますので、併せてお読みいただければ幸いです。

「韓国ウォン」19日初動・さらにウォン安を目指すか?「1,191-1,192ウォン」の攻防
通貨安の行方が注目される韓国通貨「ウォン」ですが、2020年02月19日(水)の市場が開き、10:36現在ドルウォンチャートは以下のようになっています(チャートは『Investing.com』より引用)。 現在のところ...

(柏ケミカル@dcp)

南朝鮮が「通貨安」を阻止する理由_その01 対外債務が多すぎる!
日本と韓国の対立が続き、韓国の経済状態について日本でも関心が高まっています。Money1でもここのところ「ウォン安」の進行について触れてきましたが、多くのメディアでウォン安について取り上げられるようになっています。 最近のアル...
外貨準備高の基礎知識 日本と南朝鮮の外貨準備を見てみよう
南朝鮮の中国との「外貨スワップ協定」が10月10日に期間終了を迎えます。これが延長できるかどうかは南朝鮮の経済の安定に大きく影響しまので、南朝鮮ウォッチャーの間では話題になっているようです。ここで注目されるのは「外貨準備高」です。今...
南朝鮮「ウォン」高安の適正レートは極めて狭いレンジ?
韓国にとって適正なドルウォンレートはどこなのか <<前段の記事は以下です>> ここからは強引な推測です。仮に、韓国と通貨当局がこれ以上のウォン安を許さないというレートを直近のドタバタから「1ドル=1,200ウォン」、...
タイトルとURLをコピーしました