毎月3万円の積み立て投資で3,000万円をつくる!

老後資金2,000万円なんて可能なの?

可能です! ご相談ください
from Sponsor

外国人の「韓国株売り」は「通貨危機時」を超えた!まだ「436兆ウォン」あるのでさらに「売る」か

from Sponsor

以前からお伝えしているとおり、韓国株式市場では外国人投資家による「株式の売り越し」が続いています。以下のとおり、本日03月30日(金)も10:46の段階で「1,305億ウォン」を売り越しています。

⇒データ引用元:『finance.naver.com』「投資家別売買動向」
https://finance.naver.com/sise/sise_trans_style.nhn
※上掲データは2020年03月30日10:46現在のものです。

外国人投資家の売り攻勢はすさまじいもので、2020年03月30日、韓国メディア『毎日経済』に「金融危機よりも激しい外国人売り…『さらに売り』も」という記事が出ました。

同記事によれば、今回の外国人投資家の売りは月間ベースではすでに史上最高値に達しているとのこと。2008-2009年の韓国通貨危機時をはるかに上回っているのです。

重要な数字を引用します。

<<外国人投資家の「売り」比較>>

2008年10月、KOSPI時価総額「566兆ウォン」に対して「4兆5,900億ウォン」の売り
2020年03月、KOSPI時価総額「1,156兆ウォン」に対して「12兆ウォン」の売り

2008年10月:時価総額の「2.71%」の売り
2020年03月:時価総額の「2.75%」の売り

2020年は03月27日まで

⇒参照・引用元:『毎日経済』「金融危機よりも激しい外国人売り…『さらに売り』も」

強調文字は筆者による(以下同)

市場関係者の間では、「時価総額の1%」が売られれば「セリング・クライマックス」とされますが、2020年03月、外国人投資家はそれを突き抜けて韓国株式を売り続けてきたわけです。

また、ここまで売りが継続しているので、

2020年02月末時点での外国人保有株式時価総額:520兆ウォン※
2020年03月27日時点での外国人保有株式時価総額:436兆ウォン

⇒「90兆ウォン」の減少

となっており、これはいかに外国人投資家の売りがすさまじいかの証左です。売ったため、外国人投資家の保有株の時価総額は90兆ウォン減っていますが、まだ「436兆ウォンある」とも考えられ、状況によってはさらに売り続けることがあり得ます。

実際、同記事の中でも

「まだコロナ19拡散による変動が続いているので、外国人の売りは、累積ベースでより出てくることもある」と述べた。

とイ・ジョンビンIBK投資証券首席研究員の言葉を引いています。

上掲のとおり本日も初動段階では「売り越し」ですので、03月末にどのような決着になるのかは注目に値します。

2020年02月末時点での外国人の株式保有時価総額は、以下の記事で引いた聯合ニュース記事内の「545兆ウォン」と数字が合いません。なぜ「25兆ウォン合わない」のかは不明です。

【韓国株安】外国人の「韓国売り」問題・玉は「545兆ウォン」あったのでまだ売れる!
2020年03月に入って、韓国株式市場では大幅な下落が続いています。上掲は、KOSPI(韓国総合株価指数)をローソク足1本が1カ間の値動きを示す「月足」で見たもの。まだ27日で、残り2日営業日ありますが非常に大きな陰線となっています...

(柏ケミカル@dcp)

韓国の「証券会社」に迫った危機的状況【その2】!「1兆ウォンの追い証」という異常事態
先の記事では、韓国の証券会社が「PF流動化証券」によって資金難にあることをご紹介しました。今回は先の記事で積み残した「マージンコール」についてです。 再度、先の記事でも取り上げた部分を引用します。 証券会社が保証した大規模な...
韓国の「証券会社」の今そこにある危機!「約12.6兆ウォン」償還という異常事態
韓国経済が少しずつ確実に泥沼に足を取られつつあります。この泥沼はお金が回らなくなるという流動性の危機です。 2020年03月26日、『ソウル経済』に「『満期PF』」借り換え発行が失敗...証券会社数百億ずつ抱える」という興味深い記事が...
韓国の「ドル不足」は深刻に!金融機関は外貨を吐き出そう!という話
韓国政府は「外貨不足」(ドル不足)に対応するのに大わらわの状況です。 「FEDと韓国銀行の通貨スワップ(スワップライン)が結ばれてひと息ついた」なんて感想が出た上に、「これでは十分ではない」といった意見が出るのは、ドル不足がいかに深刻...
タイトルとURLをコピーしました