おススメ記事
広告

南朝鮮がドボンなのは家計債務だってば! それだけじゃないけど

広告

家計債務について南朝鮮は大変なことになっています、という記事を書いたところ、「日本だって1,062兆円あるじゃないか!」と国外からご意見が来まして、ガックリと腰から崩れ落ちそうになりました。記事にも書きましたが、アレは日本政府の借金です!

財務省が借金時計なるものまでつくって「国民一人当たり837万円」とかいってますが、この1,062兆円は政府の借金であって、しかもほとんど全て国民から借りている借金。家計債務とは違います。家計債務は、政府が関係ない、これこそ「国民の借金」なのです。上記のような混同した意見がくるのは、財務省のプロパガンダが国外にまで浸透している結果でしょう。日本人としては不本意極まる話です。

南朝鮮で「もう、どうしようもない問題」になっているのは、政府の借金じゃなくて、家計債務なんです。ちなみに南朝鮮政府はまだ赤字国債を発行してもそこまでヒドイ目には遭わない水準(まあ程度問題ですけども)。先に紹介した徳政令などの財源に、赤字国債を充てるつもりなのかもしれません。借金なのは変わらないので、南朝鮮政府の行き詰まりを先延ばしするだけですけどね。

(鈴木プラレール@dcp)

タイトルとURLをコピーしました