おススメ記事
広告

【04/24最新版】韓国の通貨スワップ利用・未返済は「162億ドル」!FED(連邦準備制度)のデータで確認

広告

ドル不足を補うため、韓国はアメリカ合衆国のFED(Federal Reserve Systemの略称:連邦準備制度)と「スワップライン」(ドル流動性スワップ(これを韓国では「通貨スワップ」時に「通貨スワップ協定」と呼んでいます)を結びました。

韓国銀行はこれを利用してドルを市中銀行に供給しています。

2020年04月21日、FEDから供給されるドルを市中銀行に流すための「第4次オークション」が実施されました。上限40億ドルの供給に対して、落札は、

6日満期(6日後に利子を付けて返済):入札なし
84日満期(84日後に利子を付けて返済):20億1,900万ドル

という結果でした。計21億1,900万ドルが市中銀行に供給されました。

FEDがドル流動性スワップの利用状況を毎週公表していますので、滞納したりするとすぐ世界中に知られてしまいます。2020年04月24日にFEDが公表したデータを確認してみましょう。

まず、「U.S. Dollar Liquidity Swap – Operation Results」(ドル流動性スワップ-運用結果)です。

確かに04月23日に決済された21億1,900万ドルがシートに計上されています。

次に「U.S. Dollar Liquidity Swap-Amounts Outstanding」(ドル流動性スワップ-未払い金額)です。

04月23日時点で、ドル流動性スワップを利用した「未返済金額」は「161億9,400万ドル」です。この内訳は上掲のとおりです。第1~3次までの「7日満期」「8日満期」「6日満期」のドルは全て返却されており、第4次では「6日満期」ものに入札なしですから、残っているのは全て「83日満期」「84日満期」のドルです。

それにしても返済残が「161億9,400万ドル」というのはかなりの金額です。ないと困るからスワップラインを利用しているのでしょうが、そろそろ返済の心配もした方が良いかもしれませんね(大きなお世話ですが)。

韓国メディアは「通貨スワップ」あるいは「通貨スワップ協定」と呼称しますが、紛らわしいのでMoney1ではFRB(Federal Reserve Boardの略:連邦準備制度理事会)に従って「スワップライン」「ドル流動性スワップ」と記載します。本稿のタイトルだけはアンカーが韓国の表記に合せて「通貨スワップ」としています。

(柏ケミカル@dcp)

広告
「1.6兆ウォン」突っ込んでも『大韓航空』は3カ月もたない!
2020年04月24日、瀕死の『大韓航空』のために国策銀行が総額1.6兆ウォンの支援パッケージを組んだことが報じられました。 支援パッケージの内容は以下のようになっています。 ABS(資産担保証券):7,000億ウォン 運営資...
【倒産阻止】韓国国策銀行が『大韓航空』に「総額1.6兆ウォン」突っ込む!
韓国の国策銀行(『韓国産業銀行』と『輸出入銀行』)が『大韓航空』に「1兆6,100億ウォン」の支援をパッケージを行うこと決定がされました。 韓国メディア『中央SUNDAY』の記事から以下に引用します。 『産業銀行』と『韓国輸...
【外国人の韓国売り】で「ウォン安」が進む!593億ドル規模の外為市場は「通貨危機」以来
四月危機に襲われている韓国経済ですが、2020年第1四半期(1th Quarter:01-03月)の経済状況を総括する記事が韓国メディアでも増えてきました。データのとりまとめが進んでいるのでしょう。 「ウォン安」は「韓国売り」の結果で...
瀕死の【韓国航空会社】「負債比率351%の『済州航空』」が「再生不可能な『イースター航空』」を買収
「四月危機」の真っ最中ですが、韓国メディアでは連日のように瀕死の「韓国航空会社」について取り上げています。 2020年4月23日、『亜州経済』に「公取委、済州航空のイースター航空の買収承認」という記事が出ました。 『済州航空』『...
タイトルとURLをコピーしました