おススメ記事
広告

【なぜ毎週ドルを借りる?】韓国銀行「通貨スワップ」上限40億ドルの第6次オークション実施!

広告

韓国銀行は、2020年05月06日(水)に「市中銀行へのドル供給」を行うための第6次オークションを実施します。「満期83日もの」で供給上限は「40億ドル」。

アメリカ合衆国FED(Federal Reserve Systemの略称:連邦準備制度)と締結したスワップラインを利用するドル供給も第6次まできました。これまでの利用総額は「185億4,300万ドル」で未返済額「174億5,800万ドル」です。

第6次オークションでさらに借金を上積みするわけですが、毎回札割れで、そのたびに当局・メディアからは「ドルの需給は比較的良好と見られる」などのコメントが出ます。ならば、なぜ毎週オークションを実施してわざわざ借金を積み上げるのでしょうか。

先にご紹介したとおり、03月19日にFEDとスワップラインを締結した9カ国の中央銀行うち、「ブラジル銀行」「ニュージーランド銀行」「スウェーデン国立銀行」は利用ゼロです。

中央銀行未返済金額(04/30時点)
オーストラリア準備銀行11億5,000万ドル
ブラジル中央銀行0
デンマーク国立銀行52億9,000万ドル
韓国銀行174億5,800万ドル
メキシコ銀行65億9,000万ドル
ニュージーランド準備銀行0
ノルウェー銀行54億ドル
シンガポール金融管理局85億4,300万ドル
スウェーデン国立銀行0

韓国で本当に「ドルの需給が良好」なのであれば、毎週ドルを借りる必要はないはずです。

ともあれ、この第6次オークションの結果についても記事を制作し、ご紹介するようにいたします。

韓国メディアは「通貨スワップ」あるいは「通貨スワップ協定」と呼称しますが、紛らわしいのでMoney1ではFRB(Federal Reserve Boardの略:連邦準備制度理事会)に従って「スワップライン」「ドル流動性スワップ」と記載します。本稿のタイトルだけはアンカーが韓国の表記に合せて「通貨スワップ」としています。

追記
2020年05月06日、韓国銀行は第6次ドル入札を実施しました。以下の記事にまとめましたので本記事と併せてお読み頂ければ幸いです。

韓国銀行が「通貨スワップ」を利用した第6次競争入札を実施!「13億2,900万ウォン」応札
2020年05月06日、『韓国銀行』はFED(Federal Reserve Systemの略称:連邦準備制度)と締結したドル流動性スワップ※を利用して、市中銀行にドルを供給するための「第6次オークション」を実施しました。 供給上限は...

(柏ケミカル@dcp)

広告
韓国の輸出「総崩れ」2020年04月の現状・85%の品目が前月割れの惨事
先に、2020年04月の韓国の貿易収支が赤字に転落したことをご紹介しました。韓国は輸出でもっている国ですので、この99カ月ぶりの赤字転落は韓国メディアでも大きく取り上げられています。 04月の貿易収支赤字は輸出が大幅に減少したことによ...
05月02日に公開された写真・動画に写った人物は「金正恩氏」本人か? 耳の形状に注目した
<<誠に申し訳ないのですが、スマホの方は横にして画面の左右幅を長くして読んでいただければ幸いです>> 先に、現在日本で最も北朝鮮情勢に詳しい篠原常一郎先生が「北朝鮮『金正恩最高指導』の死亡を確認」との情報をYouTubeで緊急配信され...
【借金175億ドル】韓国銀行は「通貨スワップ」利用の利息を「27億円」支払うことになります。
韓国の中央銀行である韓国銀行は、アメリカ合衆国のFED(Federal Reserve Systemの略称:連邦準備制度)と締結したスワップライン※(ドル流動性スワップ)を利用して「ドル」を調達しています。 韓国銀行は毎週ドル調達を行...
「99カ月ぶりの貿易赤字に転落」なのに韓国当局は「大丈夫」と言い張る。その理由とは
韓国の貿易収支が99カ月ぶりに赤字に転落。韓国は輸出産業一本で食べている国ですので、この結果は衝撃をもって韓国メディアに取り上げられています。 貿易収支というのは、輸出額から輸入額を引いて求めます。 韓国の場合には物品を輸出して...
タイトルとURLをコピーしました