おススメ記事
広告

【借金175億ドル】韓国銀行は「通貨スワップ」利用の利息を「27億円」支払うことになります。

広告

韓国の中央銀行である韓国銀行は、アメリカ合衆国のFED(Federal Reserve Systemの略称:連邦準備制度)と締結したスワップライン(ドル流動性スワップ)を利用して「ドル」を調達しています。

韓国銀行は毎週ドル調達を行っており、返済しなければならない金額は2020年04月30日の時点で「174億5,800万ドル」まで積み上がっております。

当然このドルは、満期日が来たら「利子」を付けて返却しなければなりません。ドル流動性スワップというのは、簡単にいえば「『お金』(自国通貨)を担保にしたローン」だからです。

では、これまでのドル流動性スワップの利用でいくら利払いが発生するのでしょうか?

韓国銀行がこれまでに借りたドルは、第1~5次の利用で以下のとおりになっています。

調達金額満期年利
第1次調達79億2,000万ドル84日0.9080%
第2次調達41億4,000万ドル84日0.5323%
第3次調達20億1,500万ドル83日0.3567%
第4次調達21億1,900万ドル84日0.3386%
第5次調達12億6,400万ドル85日0.3348%

利率は「年利」、つまり「1年間借りてこれだけ」という表記です。これは私たちが利用するクレジットカードのローンなどの「利率表記」と同じで、この年利を「365(日)」で割って、1日当たりの「利率」を求め、「満期」の日数を掛けて「○日借りていたら利率は○%になるよ」と計算します。

例えば、第1次利用の「79億2,000万ドル」の場合、「84日」満期で年利「0.9080%」ですから、「0.9080% ÷ 365日」で1日当たりの利率を計算し、これに84(日)を掛けたものが「84日借りた場合の利率」になります。

実際に計算してみると「84日借りた場合の利率」は「0.208964%」になります。

この「84日借りた場合の利率」に「79億2,000万ドル」を掛けて利払いの金額を計算するわけです。で、これを第1~5次調達について行ってみると利払い金額は以下のようになります。

調達金額利払い金額
第1次調達79億2,000万ドル1,654万9,979ドル
第2次調達41億4,000万ドル507万1,579ドル
第3次調達20億1,500万ドル163万4,419ドル
第4次調達21億1,900万ドル165万1,218ドル
第5次調達12億6,400万ドル98万5,504ドル
小計174億5,800万ドル2,589万2,699ドル

合計で「2,589万2,699ドル」。日本円に換算すると「27億6,870万6,304円」です(2020年05月02日「1ドル=106.93円」で計算)。

利率はそれほど高いものではないかもしれませんが、借金の金額が積み上がるとこのように利払い金額も大きくなってしまうのです。あくまで現時点での計算ですが、利払いだけで「約27.7億円」というのはかなりイヤな感じです。

まさに「ご利用は計画的に!」です。

韓国メディアは「通貨スワップ」、時に「通貨スワップ協定」と呼称しますが、紛らわしいのでMoney1ではFRB(Federal Reserve Boardの略:連邦準備制度理事会)に従って「スワップライン」「ドル流動性スワップ」と記載します。本稿のタイトルだけはアンカーが韓国の表記に合せて「通貨スワップ」としています。

(柏ケミカル@dcp)

広告
「99カ月ぶりの貿易赤字に転落」なのに韓国当局は「大丈夫」と言い張る。その理由とは
韓国の貿易収支が99カ月ぶりに赤字に転落。韓国は輸出産業一本で食べている国ですので、この結果は衝撃をもって韓国メディアに取り上げられています。 貿易収支というのは、輸出額から輸入額を引いて求めます。 韓国の場合には物品を輸出して...
【05/01最新版】韓国は毎週「通貨スワップ」利用でドルの借金を積み上げている。未返済は「175億ドル」!
韓国メディアでは特に大きくは扱われませんでしたが、韓国銀行はFED(Federal Reserve Systemの略称:連邦準備制度)と締結した「スワップライン」(ドル流動性スワップ)※(これを韓国では「通貨スワップ」時に「通貨スワップ協定...
韓国の個人投資家が「1点賭け」の『サムスン電子』。株価はさほど上昇せず「大丈夫なの?」の声
この新型コロナウイルス騒動の最中、韓国の個人投資家の皆さんが大挙して投資に走っています。しかも、株式の購入では、ほぼ『サムスン電子』一点賭けです。 この件は、証券会社の中の人、また識者から「大丈夫なのか」と心配されている、とMoney...
韓国政府の「財政赤字」が「IMF危機」以来のレベルに到達!政府の借金が昨年比「100兆」増える
05月に入りましたが、新型コロナウイルス騒動はまだ継続しており、韓国政府は流動性の危機(要は「お金が回らない」ってことです)を乗り切るために四苦八苦しています。 韓国政府は、国民に「一世帯当たり100万ウォン」の「緊急災害支援金」を支...
タイトルとURLをコピーしました