おススメ記事
広告

韓国政府の「財政赤字」が「IMF危機」以来のレベルに到達!政府の借金が昨年比「100兆」増える

広告

05月に入りましたが、新型コロナウイルス騒動はまだ継続しており、韓国政府流動性の危機(要は「お金が回らない」ってことです)を乗り切るために四苦八苦しています。

韓国政府は、国民に「一世帯当たり100万ウォン」の「緊急災害支援金」を支給するため、12兆2,000億ウォン規模の第二次補正予算を国会で通過させました。

2020年04月30日、韓国の国会、企画財務部は以下のとおりとしています。

総財源:14兆3,000億ウォン
上記の内、国費:12兆2,000億ウォン/地方自治体費:2兆1,000億ウォン

もともと政府案は「7兆6,000億ウォン」だったのですが、これに「4兆6,000億ウォン」を増額し、国費「12兆2,000億ウォン」としました。

増えた「4兆6,000億ウォン」は、「3兆4,000億ウォン」の国債発行、「1兆2,000億ウォン」の歳出の調整で賄(まかな)う、とのこと。

問題は、政府の財政赤字のレベルが格段に上がったということです。

2020年04月30日の『ソウル経済』の記事から引用します。

(前略)
総収入は482兆2,000億ウォンで1次補正よりも5,000億ウォン増加したが、総支出は531兆1,000億ウォンとなり、8兆ウォン増える

したがって財政収支の赤字は、本予算基準で71兆5,000億ウォンだったものが、2次補正基準で89兆4,000億ウォンに拡大した

GDPに占める赤字の割合も3.5%から1.0%ポイント増の4.5%となった。通貨危機を経験した1998年の4.6%に迫るものである

国家債務819兆ウォンに増える。

本予算ベースでは805兆2,000億ウォンだったが、二度の補正を介して13兆8,000億ウォン増加することになった。

昨年末と比較すると、国家債務90兆2,000億ウォン増えたが、すでに予告された3次補正まで勘案すると、100兆ウォン以上に増えることが確実視されている。

対GDPの債務比率は本予算基準39.8%だったものが41.4%まで高くなる。
(後略)

⇒参照・データ引用元:『ソウル経済』「全国民災害支援金で財政収支の赤字がIMFレベルまで迫る」(原文・韓国語/筆者(バカ)意訳)

赤アンダーライン、強調文字は筆者による(以下同)

韓国政府の財政赤字は拡大し、国債の発行によって債務(借金です)も大きくなっています。IMF危機というのは、1997年のアジア通貨危機のことですが、対GDP比で見ると韓国政府の財政赤字はそれ以来の規模になっているのです。また1年で国家債務が「100兆ウォン」も増えるというのは尋常なことではありません。

このように財政赤字が深刻になり、経常収支が赤字に転落すると……以下の記事でご紹介したように、2008-2009年の「韓国通貨危機」前夜の状況に似てくるというわけです。

韓国に迫る「双子の赤字」!「韓国通貨危機」前夜に似てきたので「状況開始」かもしれない
2020年04月30日『ソウル経済』の「輸出ショックは始まりにすぎない…『双子の赤字』の恐怖迫る」という記事が出ました。 「双子の赤字」は「経常収支の赤字」と「財政の赤字」を指しますが、古参の韓国ウォッチャーにとっては懐かしい言葉です...

「状況」は深く静かに進行しています。韓国政府はこれ以上財政を悪化させないで新型コロナウイルス騒動を凌(しの)ぐことができるでしょうか。キーファクターはやはり「時間」です。

経済が好転するのに時間がかかるほどドボンになる可能性が高くなります。現状は、極めてダメっぽくなってきたといえます。

(柏ケミカル@dcp)

広告
また中央日報が「通貨スワップ締結」などと言う・本当にしつこい
2020年04月27日の『中央日報(日本語版)』の記事にまた以下のような言説が出ました。 (前略) 信頼回復には韓日首脳の決断が重要となる。両首脳は葛藤と対立をここでやめなければいけない。 コロナとの戦争を終結できるよう情...
韓国に迫る「双子の赤字」!「韓国通貨危機」前夜に似てきたので「状況開始」かもしれない
2020年04月30日『ソウル経済』の「輸出ショックは始まりにすぎない…『双子の赤字』の恐怖迫る」という記事が出ました。 「双子の赤字」は「経常収支の赤字」と「財政の赤字」を指しますが、古参の韓国ウォッチャーにとっては懐かしい言葉です...
韓国の「国民年金」新型コロナウイルス直撃で「7.6兆」蒸発
どの国でも「年金基金」の資金運用については細心の注意を払っているはずです。国民に給付する老齢年金などの財源ですから、毀損(きそん)するわけにはいきません。 もちろん先のことは誰にも分かりませんので、「これで大丈夫だろう」とポートフォリ...
韓国政府はLCC(格安航空会社)を見捨てるのか。やっと「追加支援しようか」と言い出す
韓国の航空会社は資金難でどこも瀕死の状態です。航空業界では政府の支援を求めています。 先の記事でご紹介したとおり、韓国政府は業界第1位の『大韓航空』、第2位の『アシアナ航空』には合せて「3.3兆ウォン」規模の追加支援を行うことを決定し...
タイトルとURLをコピーしました