おススメ記事
広告

【6月に資金枯渇】瀕死の『大韓航空』が1兆ウォンの増資決定!それでも「お金は足りない」

広告

第2四半期もつのかといわれている『大韓航空』ですが、1兆ウォンの「有償増資」を決断しました。

有償増資というのは、新しく株式を発行して投資家に買ってもらい(株主になってもらうわけです)資本を増強することです。

一応『大韓航空』が陥っている状況を以下にまとめます。

新型コロナウイルス騒動のため旅客が激減(9割減少:03月)
売上がたたず、固定費4,000-5,000億ウォン毎月必要
『産業銀行』『輸出入銀行』が計1兆6,100億ウォンの支援を表明

1兆6,100億ウォンの支援でもつのは6月末まで、というのは先にご紹介したとおりです。『大韓航空』のキャッシュは、ここでほぼ尽きます。

1兆ウォンを有償増資で調達したとしても、すぐにそれは「毎月かかる固定費4,000-5,000億ウォン」の支払いに回ることでしょう。

つまり2カ月ほど固定費を支えるだけです。この施策は『大韓航空』を2カ月延命させるだけと考えられます。

さらに、下半期の支払い予定は以下のとおりです。

<<下半期の支出予定>>
下半期に返済しなければならない借金(債務):3兆1,600億ウォン
6カ月の固定費:2兆4,000億ウォン
小計:5兆5,600億ウォン

このうち固定費を有償増資の1兆ウォンで賄うとしても、「4兆5,600億ウォン」の支払いが残ります。新型コロナウイルス騒動が落着し、売上が回復しなければ支払いを行うことは不可能でしょう。

というわけで、恐らく1兆ウォンぐらいでは足りませんが、それでもやらないよりはやった方がよいですね。しかも、もう05月半ばまできましたから、急がないとキャッシュが尽きます。

(柏ケミカル@dcp)

広告
韓国経済の悲惨な先行き予測!GDP成長率「1%」の低下でこうなる
2020年05月13日、韓国メディア『毎日経済』に「成長率1%低下で新興企業8,000個が蒸発」という記事が出ました。 同記事は『韓国経済研究院』が発表した「コロナ19による成長萎縮の影響分析 」というリポートを基にしているのですが、...
【40兆ウォン規模】(←実はまだ1銭もない)「韓国政府」肝いりの基金がダメっぽくなってきた
韓国企業が流動性の危機(要はお金がないってことです)に瀕しており、第2四半期の業績はヒドイことになると予想されています。 先にご紹介したとおり、文在寅大統領は「基幹産業安定基金」構想をぶち上げ、韓国の基幹産業を担う企業を支援する旨を宣...
【韓国の銀行にはお金がない】ついに韓国政府が銀行に「10兆」突っ込む事態に!
韓国経済が危機的な状況に陥っており、あちこちの企業から「お金を回してくれ」という支援要請がなされています。 そのたびに韓国政府は、国策銀行『産業銀行』『輸出入銀行』などを通じて支援を行う旨の支援策を発表してきました。 銀行にお金...
韓国の『全経連』今度は「韓国・EU通貨スワップ」と言い出す!「今すぐ結ぶべき」だそうです
韓国の経団連ともいえる『全国経済人連合会』(略称『全経連』)。 Money1では、以前『全経連』の許昌秀(ホ・チャンス)会長が、 「長期的にアメリカ、EU、日本などの主要基軸通貨国(原文ママ)と無期限・無制限の通貨スワップを締結...
タイトルとURLをコピーしました