おススメ記事
広告

「韓国ウォン」05月28日(木)初動・ダブルボトムで跳ね返す「1,238ウォン」

広告

安値トレンドがどこまで進行するかが注目されている韓国通貨「ウォン」。2020年05月28日(木)10:14現在(日本時間)、ドルウォンチャートは以下のようになっています(チャートは『Investing.com』より引用:以下同)。

開場するにウォン高方向へ向かいましたが、底で跳ね返りウォン安進行したため下ヒゲの長いローソク足となっています。実体部分はほとんどありません。

ローソク足1本が1分間の値動きを示す「1分足」で見ると以下のようになります。

現時点での天底は「1ドル=1,236.02ウォン」。天底圏はおなじみのダブルボトムです。天井は「1ドル=1,238.79ウォン」ですが、上昇途中のためテッペンの値は更新されるかもしれません。

また随時記事を制作し状況をご紹介するようにいたします。

追記
2020年05月28日(木)の韓国時間が終了しましたので、ドルウォンの状況を以下の記事にまとめました。本記事と併せてお読み頂ければ幸いです。

「韓国ウォン」28日(木)夕刻・ウォン安「1,240ウォン」寸前まで
2020年05月28日(木)の韓国時間※が終了しました。「速報」が間に挟まってしまいましたので、読者の皆さんも期待されているかもしれませんが、残念なことにあの後以下のようになりました(チャートは『Investing.com』より引用:以下同...

(吉田ハンチング@dcp)

広告
【通貨防衛のドル枯渇か】中国「人民元」の切り下げ。これ以上ドルを溶かせない
2020年05月25日、中国人民銀行は人民元の対ドルレートの基準値を「1ドル=7.1209元」に設定しました。 これは2008年02月以来最も安いレートで、中国通貨当局による「元安」の容認です。なぜこんなことになったのでしょうか。 ...
【通貨スワップ】やっぱり『韓国銀行』が最もドルを借りている!
先にご紹介したとおり、FED(Federal Reserve Systemの略称:連邦準備制度)は毎週金曜日、ドル流動性スワップ※1の利用状況についてデータを公表しています。 05月22日(金)の公表データは、韓国については「前週ママ...
韓国の「日本への灯油輸出を禁止してやる」というバカすぎる話。効果がない理由は
韓国で「日本の輸出規制(輸出管理強化)が05月末までに解除されなければ、なんらかのアクションを起こすべき」といった動きがあるそうです。 またぞろ「GSOMIA(General Security of Military Informat...
【投資家がスルー】韓国大手企業の社債に「需要ゼロ」の衝撃!
2020年05月22日、韓国メディア『韓国経済』に韓国社債市場の沈滞ぶりを象徴するような記事が出ました。 韓国「ハンファグループ」の企業、『ハンファ建設』が1,000億ウォン規模の社債発行のため、事前需要を確認したところ、機関投資家か...
タイトルとURLをコピーしました