毎月3万円の積み立て投資で3,000万円をつくる!

老後資金2,000万円なんて可能なの?

可能です! ご相談ください
from Sponsor
おススメ記事

崖っぷち韓国『双竜自動車』の大笑いな株価変動。「いけるでぇ!」「やっぱりダメだわ」

from Sponsor

いつ飛んでもおかしくない韓国の完成自動車メーカー『双竜自動車』ですが、同社の株価が大変に面白いことになっています。

いつ飛んでもおかしくないのに「急騰」を見せているのです。

『双竜自動車』はいつ飛んでもおかしくない状況

まずは『双竜自動車』の現状を確認してみます。

13四半期赤字を続けてきた『双竜自動車』は、70%の支配権を持つインド企業『マヒンドラ&マヒンドラ』から「新しいオーナーを探すべき」と見放されています。

また、韓国政府からも「『双竜自動車』は『基幹産業安定基金』の支援対象ではない」と明言されて四面楚歌状態。

もともと赤字を続けてきた企業ですが、オーナー会社・政府からの支援もないので現金が尽きたら本当におしまい、という状態です(新しく投資家が見つからなければ、ですが)。

「株式売却」「有償増資で……」のニュースに株価高騰!

以下の『双竜自動車』の日足チャートをご覧ください(チャートは『TradingView』より引用)。

ドーンと上がってドーンと下がって、現在は小康状態です。

『マヒンドラ&マヒンドラ』が『双竜自動車』の株式を(新しいオーナー企業に)売却するという観測から、06月18・19日と同社の株価が急騰。

さらに『マヒンドラ&マヒンドラ』が売却ではなく、有償増資で新オーナーを迎えるようだというニュースが出て23・24日も大きく上昇。

有償増資というのは、「新しく株式を発行して投資家に買ってもらい、その代金で資本金を増強すること」です。

フォード』が買う、いや中国の『BYD比亜迪汽車)』『吉利汽車』が買う、なんていうウワサが記事になったことも株価急騰の支えになりました。

しかし、この熱狂も06月24日がピークで、巨大な陰線になっていることからも分かるとおり、「いけるでぇ!」とドーンと上げたものの、「やっぱりダメだわ」とドーンと下がりました。

上掲のとおり、現在は落ち着きを見せていますが、またニュースが出るたびに上下するでしょう。「いけるでぇ!」もナニも13四半期連続赤字の会社なんですけれども。

(柏ケミカル@dcp)

【耳を疑う】あの『双竜自動車』をフォードが買う?本当に?
13四半期連続赤字の韓国の自動車メーカー『双竜自動車』。新型コロナウイルス騒動もあって売上が落ち込み、もはや崖っぷちどころかデフォルトまで秒読み段階です。 70%の支配権を持つ親会社の『マヒンドラ&マヒドラ』(インド企業です)も「新し...
from Sponsor
【捨てられる韓国】94%の企業が「韓国に戻る予定なし」と回答。リショアリングは無理!
アメリカ合衆国のトランプ政権は「リショアリング」(re-shoring)を推奨するようになっています。 リショアリングとは「海外進出した企業が国内に回帰すること」ですが、合衆国では特に「脱中国」を念頭に置いて、企業の製造拠点が合衆国内...
「韓国の基幹産業を救う!」が聞いて呆れる。「40兆規模の基金」は1銭もないし、1銭の支援もしてない
文在寅大統領の肝いりでできた韓国の「基幹産業安定基金」。 文大統領は「『40兆ウォン』の基金を作って韓国の基幹産業を救う!」とぶち上げ、05月28日発足にこぎつけたのですが、現在「開店休業」状態となっています(というか店も開いているの...
韓国企業の50%は利子も払えなくなる!と『韓国銀行』が予測。コロナ事態があと半年続けば
韓国の中央銀行『韓国銀行』が、これ以降の経済の予測を公表し、さっそく韓国メディア『朝鮮日報』が記事にしています(本稿末のリンクを参照ください)。 『韓国銀行』の予測は「基本シナリオ」と「深刻なシナリオ」の2つに分かれています。 ...
韓国で原発用の部品が中国製になる(笑)。ナニをやってるんだ
韓国のエネルギー政策を巡って大変に面白い事態が生じています。 太陽光発電パネルの中国からの輸入が激増。また、韓国の原発用の部品も中国製になるだろうというのです。 現政権のせいで自国メーカーが没落するという悲喜劇 何度かご紹...
タイトルとURLをコピーしました