おススメ記事
広告

「韓国株式市場」08月21日(金)初動・ギャップアップも下落中。珍しく個人売り越しでスタート

広告

2020年08月21日(金)の韓国株式市場が開きました。10:00現在、KOSPI(韓国総合株価指数)のチャートは以下のようになっています(チャートは『Investing.com』より引用)。

前日終値よりもギャップアップしてスタートしましたが、現在は陰線で、株安方向です。上下どちらに動くか悩んでいるようなローソク足ですが。

以下は投資家別売買動向です。

⇒データ引用元:『finance.naver.com』「投資家別売買動向」
上掲データは2020年08月21日10:00現在のものです。

珍しく外国人投資家買い越しの初動です。金額は「788億ウォン」とそこまで大きくはありません。一方の個人投資家の皆さんですが、どうしたことか「501億ウォン」の売り越しです。

「下がったので行かないと!」よりも「おや、逃げておかないと危ないんじゃねーか」みたいな感じでしょうか。

この先の展開が気になりますね。

また動きがありましたら、随時記事を制作し状況をご紹介するようにいたします。

追記
2020年08月21日(金)の韓国株式市場が締まりましたので以下の記事を制作いたしました。本記事と併せてお読み頂ければ幸いです。

「韓国株式市場」21日(金)決着・KOSPIかろうじて「2,300台」固守。外国人買い越しで終了!
2020年08月21日(金)の韓国株式市場が締まり、KOSPI(韓国総合株価指数)のチャートは以下のようになりました(チャートは『Investing.com』より引用)。 実体部分がほとんどないローソク足になりました。前日終値...

(柏ケミカル@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました