おススメ記事
広告

年収1,000万円はいくら税金がかかるのか

広告

a0002_006864_m

年収は1,000万円ですなんて言えると、かなり格好いいですよね。年収が1,000万円までいけば、ずいぶん余裕のある暮らしができそう、なんて思いませんか? では、年収が1,000万円の場合、税金はどのくらい取られるのでしょう!? 計算してみました。

■年収1,000万円の場合、社会保険料も高額!

取られる税金の金額は、その人に扶養家族がいるか、扶養家族が何人か、また給与の月額がいくらかなどの諸条件によって大きく変わります。そこで、税金の計算に当たって以下のような条件を設定しました。

・東京都練馬区在住
・40歳未満(介護保険料は負担しなくて良い)
・結婚していない。扶養家族なし
・サラリーマン(給与所得者)
・年収1,000万円の内訳は「月額給与62万5,000円 + 年2回の賞与(1回分が2カ月分)」

40歳未満の独身で年収1,000万円の人というわけです。

まず、月額給与62万5,000円の社会保険料負担はこうなります。

健康保険料:3万907円
厚生年金保険料:5万4,169円
雇用保険料:3,125円
小計:8万8,201円

次に所得税です。
社会保険料を控除した所得に税金が掛かるので、

62万5,000円 - 8万8,201円 = 53万6,799円

53万6,799円に所得税が課せられます。
扶養家族が0人ですから3万5,780円が所得税で源泉徴収されます。

つまり、

●給与額面:62万5,000円
・健康保険料:3万907円
・厚生年金保険料:5万4,169円
・雇用保険料:3,125円
・所得税源泉徴収:3万5,780円

手取り金額:50万1,019円

額面62万5,000円もらっても、手取りは50万円をちょっと出るぐらいです。

■賞与2カ月分「125万円」の税金はいくら!?

同様に賞与について見てみましょう。上記のとおり、賞与は2カ月分、年2回支給とすると、1回の賞与額面は125万円です。

●賞与額面:125万円
・健康保険料:6万2,312円
・厚生年金保険料:10万9,212円
・雇用保険料:6,250円
・所得税源泉徴収:17万5,158円

手取り金額:89万7,068円

賞与額面125万円でも、保険料と税金で35万2,932円、28.2%も持っていかれて手取りは90万円を割るのです。

■地方税もかなりの負担!

さらに地方税である「住民税」も負担しなくてはなりません。住民税は各地方自治体に支払います。東京都練馬区に住んでいる場合は「都民税」と「区民税」です。

今回の条件では「基礎控除33万円」と「社会保険料控除:計141万3,960円」のみを入れて計算します。金額は以下のようになります。

都民税:24万2,700円
区民税:36万5,300円
小計:60万8,000円

12カ月で割ると「5万666円」ですから、通常はこれが給与から天引きされます。

●給与額面:62万5,000円
・健康保険料:3万907円
・厚生年金保険料:5万4,169円
・雇用保険料:3,125円
・所得税源泉徴収:3万5,780円
・住民税(都民税+区民税):5万666円
手取り金額:45万353円

というわけで、毎月受け取れる手取り金額は45万353円。つまり給与額面62万5000円の72.0%になってしまいます。

そして、税負担合の年合計は下のようになります。

健康保険料:49万5,508円
厚生年金保険料:86万8,452円
雇用保険料:5万円
所得税:77万9,676円
住民税(都民税 + 区民税):60万8,000円
小計:280万1,636円
残⇒719万8,364円

ですので、年収1,000万円であっても、税負担でほぼ3割が持っていかれて、手元に残るのは給与額面の72.0%!

もちろん、物を買うと消費税が取られますし、年収1,000万円あってもそれほど生活に余裕は出ないのかもしれません。

(高橋モータース@dcp)

タイトルとURLをコピーしました