おススメ記事
広告

イギリスは高過ぎ! 海外主要国の所得税・住民税の話

広告

155

ない方がいいに決まってますが、国民である以上付いて回るのが納税の義務です。読者の皆さんのほとんどが所得税、住民税を負担していらっしゃるでしょう。では、日本の税金負担は重い方なのでしょうか? 先進5カ国の税負担についてのデータがありますのでご紹介します。

国税庁が「税の国際比較」として、「所得税」「住民税」について、日本、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツの5カ国で、それぞれの負担金額を比較しています。興味深いことに「年収500万円」「年収700万円」「年収1,000万円」の三つの場合で、いくらになるかを比較したものです。

■給与収入500万円の場合の「所得税・住民税」負担
第1位 イギリス:63.4万円
第2位 フランス:39.3万円
第3位 ドイツ:33.5万円
第4位 日本:19.6万円
第5位 アメリカ:17.8万円

■給与収入700万円の場合の「所得税・住民税」負担
第1位 イギリス:103.4万円
第2位 ドイツ:82.5万円
第3位 アメリカ:57.2万円
第4位 フランス:55.0万円
第5位 日本:46.2万円

■給与収入1,000万円の場合の「所得税・住民税」負担
第1位 イギリス:210.2万円
第2位 ドイツ:171.4万円
第3位 フランス:122.6万円
第4位 アメリカ:121.6万円
第5位 日本:114.2万円

*……日本については2015年分以降。諸外国については2015年1月のもの

どの場合でもイギリスがダントツという結果です。イギリスは税金の高い国といわれますが、それはこのランキングからもうかがえますね。年収500万円のうち所得税・住民税が63.4万円ということは12.7%にもなります。

同様に計算すると

年収700万円のうち103.4万円が「所得税・住民税」⇒14.8%
年収1,000万円のうち210.2万円が「所得税・住民税」⇒21.0%

その上、イギリスは消費税が20%もある国なのです。

日本を計算すると、下のようになります。

年収500万円のうち19.6万円が「所得税・住民税」⇒3.9%
年収700万円のうち46.2万円が「所得税・住民税」⇒6.6%
年収1,000万円のうち114.2万円が「所得税・住民税」⇒11.4%

「日本はまだ安い方だなあ……」と思われるかもしれませんが、実はそれがこのデータを公開している国税庁のわなかもしれません(笑)。働いている世代であれば、この他に厚生年金などの各種保険料を負担しているからです。

「日本で年収1,000万円の人はどのくらい税金を負担しなければならないか?」を調べたところ、「年収が1,000万円あっても、各種保険代、税金を納めると、手元に残るのは約700万円」なのです。

*……計算結果は諸条件によって変動します。

消費税を含まないでそのような状況ですから、年収1,000万円であっても決して「わーい!」と手放しでは喜べません。なにせ3割も持っていかれるのです。

データ出典:国税庁の「税の国際比較

(高橋モータース@dcp)

タイトルとURLをコピーしました