おススメ記事
広告

【韓国の外貨準備】謎の証券類が「64億ドル」も増えた!

広告

アメリカ合衆国財務省から「合衆国公債主要保有者とその金額」のデータが公表されました。2020年07月末時点でのデータですが以下になります。

韓国は合衆国公債を「1,231億ドル」保有していることになっており、06月末から「4億ドル」増えました。

韓国銀行』が2020年08月05日に公表したデータは以下のようになっていました。

外貨準備高:4,165億ドル(約43兆9,824億円)※1
(前月比:約58億ドル増加)

<<内訳>>
⇒Securities 3,794億ドル(約40兆646億円)
(証券類)
前月比:68億ドル増加

⇒Deposits 249億ドル(約2兆6,294億円)
(預金)
前月比:12億ドル減少

⇒SDRs 31億ドル(約3,274億円)
(IMFのSDR(特別引出権))
前月比:増減なし

⇒IMF position 44億ドル(約4,646億円)
(IMFリザーブポジション)
前月比:1億ドル増加

⇒Gold 48億ドル(約5,069億円)
(金)
前月比:増減なし
※1円換算は2020年08月05日「1ドル=105.60円」のレートで算出

⇒データ引用元:『韓国銀行』「Korea’s Official Foreign Reserves(As of the end of July 2020)」
http://www.bok.or.kr/eng/bbs/E0000634/view.do?nttId=10059667&menuNo=400069

謎の証券類が「64億ドル」も増えた!

『韓国銀行』のデータによれば、07月末にはSecurities(証券類)が「68億ドル」増加しています。このうち合衆国公債が「4億ドル」だとするなら、謎のSecurities(証券類)が「64億ドル」(約6,720億円)も増えたことになります。

先にご紹介したとおり、最も流動性の高い合衆国公債こそ短期売買に適しているはずなのですが、韓国の外貨準備の増減と合衆国公債保有高の増減に相関は見られないのです(少なくとも直近1年では)。

韓国が64億ドルも増やしたSecurities(証券類)の正体は何なのか、非常に気になるところです。

(柏ケミカル@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました