おススメ記事
広告

中国がっかり!『ファーウェイ』への半導体出荷停止で台湾『TSMC』の世界シェアが拡大!

広告

09月15日に中国企業ファーウェイ』(Huawei:華為技術)への制裁措置が発動したため、日本・台湾・韓国の各企業は同社への半導体の出荷を停止しました。

『ファーウェイ』は大のお得意さんだっため、各関連企業への業績悪化の影響は避けられません。中国は中国で「そんなことをしたって自分の首を絞めるだけだぞムフフ」といった態度なのですが……実に皮肉なことが起こっています。

『TSMC』の世界シェアは拡大! 業績もずんずん上がる予定

世界最大のファウンドリ(半導体の委託生産を行う企業:その工場を指すことも)とされる台湾企業TSMC』(Taiwan Semiconductor Manufacturing Companyの略:台湾積体電路製造)も、『ファーウェイ』への納品が減少するため業績悪化が避けられない……と見られていました。

ところが、この制裁措置のおかげで『TSMC』のシェアが上昇しているというのです。

この件を報じた『大紀元時報』の記事から一部を以下に引用します。

半導体受託製造(ファウンドリー)世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)は、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)へのチップ供給停止を発表した後、世界各国の企業からの受注が急増し、世界シェアが拡大していることが明らかになった

⇒参照・引用元:『大紀元時報』「台湾TSMC 世界シェアが拡大へ、ファーウェイへの供給停止後」

「『ファーウェイ』の分ラインが開くだろ、オレんとこのも作ってくれ!」という状況でしょうか。中国にとってはガッカリな展開という他はありません。

その上、業績もずんずん上がっています。

TSMCの業績は、来年も成長すると予測されている。米金融大手JPモルガン・チェースの調査チームは10日、米半導体大手インテルが「5ナノメートルのCPU(中央演算処理装置)プロジェクトを、今年後半に同社へ引き渡す」と明らかにした。

2022年の1~3月期(第1四半期)に、同製品の量産が始まるとみられる。

また、インテルは2021年に、TSMCに対して6ナノメートル、および7ナノメートルの半導体素子製造の材料であるウェーハを最大7,000枚発注するとされている。

というわけで「結果」はまだ分かりませんが、『ファーウェイ』への納品停止の悪影響は『TSMC』には最小限で済みそうなのです。まだ分かりませんけれども。

とにかくスグに合衆国側に立つ!と旗幟(きし)鮮明にしたのが良かったのでしょうね。

筆者は後悔しています。ああ株を買っときゃ良かった、と。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました