おススメ記事
広告

「中国共産党」関係者はアメリカ移民が不可能に!

広告

2020年10月02日、アメリカ合衆国移民局(United States Citizenship and Immigration Services:略称USCIS)は、「USCIS Issues Policy Guidance Regarding Inadmissibility Based on Membership in a Totalitarian Party」(全体主義政党への加盟に基づく不適格性に関する政策ガイダンスを発表)というリリースを出しました。

以下に一部を引用します。

10月2日、USCISは、USCISポリシー・マニュアルの中で、共産党やその他の全体主義政党への加盟や所属に基づく不適格性についての政策ガイダンスを発表しました。

共産党やその他の全体主義政党への加盟や所属は、「アメリカ合衆国の憲法と法律を支持し、擁護する」という誓約を含む「アメリカ合衆国への忠誠の帰化誓約」と矛盾しています

(中略)

一般的に、特に免除されない限り、共産党またはその他の全体主義政党(またはその細分化や系列政党)のメンバーまたは系列政党である移民予定者は、国内外を問わず、合衆国への入国を不許可とします。

この政策マニュアルの追加は、連邦法と一致したこの不適格性の根拠を判断するのに役立つだろう。

⇒参照・引用元:『アメリカ合衆国移民局』公式サイト「USCIS、全体主義政党への加盟に基づく不適格性に関する政策ガイダンスを発表」

というわけで、中国共産党関係者は合衆国への移民ができなくなりました(特別な許可がない限りにおいて)。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました