おススメ記事
広告

韓国「国防費」総額53兆の中身とは? マスク支給を週3枚にする!など

広告

韓国版軽空母についての予算が2021年度はほぼ全額認められなかった件をご紹介しましたが、では韓国の国防費はどのように決定されたのか、についてご紹介します。

韓国2021年度国防予算
国防部要求:52兆9,174億ウォン約5兆801億円
決定:52兆8,401億ウォン約5兆726億円
減少額:773億ウォン約74億円

となっています。要求額からほとんど減らされてはいません。また、2020年度と比較すると以下のようになります。

韓国国防予算
2020年度:50兆1,527億ウォン(約4兆8,147億円)
2021年度:52兆8,401億ウォン約5兆726億円
増加額:2兆6,874億ウォン約2,580億円

2020年度から「2兆6,874億ウォン」も増やしています。5.4%の増加です。

面白いのは以下のようなポイントです。

・兵士に支給するマスクを週2枚から3枚にする161億ウォン増加
・戦闘服の素材の国産化72億ウォン増加
(韓国内の繊維業界の活性化のため)
・高速ミサイル艇「イヌワシ-B Batch-Ⅱ」:1,096億ウォン減少
エンジンの欠陥が明らかになって使い物にならないため)
・艦対空ミサイル事業:515億ウォン減少
(合衆国との交渉が遅延しているため)
・衛星通信システム-Ⅱ事業:469億ウォン認める
(例の制御システムがないと騒ぎになったもの)
・軽空母の研究費:1億ウォンだけ認める

⇒参照・引用元:『韓国国防部』公式サイト

「お笑い韓国軍」などといわれますが、韓国は年々国防費を増額させており、軍事大国化しています。日本も決して油断するべきではありません。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました