おススメ記事
広告

中国に強い寒波!「停電事態」で凍死者が出るかもしれない年の瀬に!

広告

中国国民が大変な苦難に直面しています。例の停電騒動ですが、2020年12月28~31日にかけて寒波が押し寄せているのです。例えば、首都北京では、以下のような気温です(当該日の午前09:00のデータ)。

28日:-1.4度
29日:-10.9度
30日:-11.7度
31日:-11.2度

⇒データ出典:『日本気象協会 tenki.jp』「北京の天気」

この極寒の中で「停電」が実施されているのです。正気の沙汰ではありません。

地域によってガス供給が停止されるという事態も起こっています。例えば、湖南省長社市では12月29日~2021年01月01日に天然ガスの供給を停止するという通知が出ました。

電気が使えないのでエレベーターも止まりますし、マンションなどで使用されている給水ポンプも停止します。外出しにくくなり、水の供給が止まるとは命に関わる事態です。

中国では凍死者が続出する可能性がある年末となっています。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました