おススメ記事
広告

韓国『現代自動車』が「燃えそうなバッテリー」を避ける

広告

韓国では、企画財政部の洪楠基(ホン・ナムギ)副首相兼企画財政部長官が「システム半導体・電気自動車・バイオ」を「BIG3」と称賛し、盛り上がっています。

新たな主力輸出品目というわけですが、確かに韓国『現代自動車』は電気自動車に注力しています。

すでに新たな電気自動車用プラットフォーム「E-GMP」を発表しており、これに搭載するバッテリーの調達を行っています。すでに第3次調達先に選定中なのですが、韓国『SKイノベーション』と中国『CATL』の2社に絞られたと報じられています。

もともとは、あの『LGエネルギーソリューション』(『LG化学』のバッテリー事業部が別会社になりました)も参加していたのですが、どうも選には漏れたようです。


↑「コナ・エレクトリック」PHOTO(C)『現代自動車』

世界的に燃えた電気自動車「コナ・エレクトリック」の火事の原因が、『LG化学』の電池セルの製造欠陥と推測されていますので……さすがに『現代自動車』も避けたものと思われます。

『現代自動車』としてはもう二度と火事騒ぎを起こしたくはないでしょうから、この選択も無理はありません。ただし、先にご紹介したとおり、リコール後も火事は起こっています。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました