おススメ記事
広告

韓国「電気バス」今度は史上初「走行中」に火事!

広告

韓国『現代自動車』の電気バス「ELEC CITY(エレク・シティ)」でまた火事です。しかも韓国史上初の走行中に火災発生です。


↑「ELEC CITY」。PHOTO(C)『現代自動車』

韓国メディアの報道によれば、2021年02月15日、慶南昌原の道路を走行中の同車種から出火しました。整備を終えて車庫に移動中、バッテリーの格納されている屋根部分から燃えだし、バスは全焼しました。

幸い乗客はいなかったため、死傷者は0で済みましたが、問題はこの2019年製造の「エレク・シティ」が『LG化学』(現『LGエネルギーソリューション』)のバッテリーを搭載していたことです。

『現代自動車』の電気自動車「コナ・エレクトエリック」の相次ぐ火事の原因を、国土交通部は「『LG化学』の電池セルの製造不良」としていますが、当の『LGエネルギーソリューション』はそれを現在も否定しています。

また、『現代自動車』が「コナ・エレクトリック」のリコールを行った後も、同車種は充電中に火事を起こしています。

きちんと火事の原因が突き止められない限りは、『現代自動車』の火事騒動はまだ続きそうな気配です。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました