おススメ記事
広告

韓国『LG』電気自動車の火事でさらにピンチ!米で集団訴訟

広告

バッテリーメーカー韓国『LGエネルギーソリューション』が世界的にピンチです。

先に韓国国土交通部は、『現代自動車』の電気自動車で火事が起こったのは『LGエネルギーソリューション』製のバッテリーのせいであると断定した文書を出しました。

全数リコールになったので、とりあえず『LGエネルギーソリューション』は『現代自動車』とリコールについて費用分担を行わなければなりません。

それだけではなく、アメリカ合衆国では訴訟です。


↑『シボレーボルト EV』。PHOTO(C)『GM』

2020年10月に合衆国『GM』の「シボレーボルト EV」という車種が火災を起こした件をご紹介しましたが、これに搭載された電池セルも『LGエネルギーソリューション』(当時は『LG化学』)製のものでした。

で、『GM』はミシガン州イリノイ州で集団訴訟を起こされているのです。

矢面は『GM』で、『LGエネルギーソリューション』ではありませんが火事の原因が同社のバッテリーと確定されたらただでは済みそうにありません。

先日、『LGエネルギーソリューション』は合衆国を舞台に『SKイノベーション』相手の「営業秘密を盗まれた」という件で勝訴したのですが、なんとも皮肉な話です。勝訴して手にするだろうお金は、火事を起こしたせいですっかりなくなるかもしれません。

というのは、『LGエネルギーソリューション』が『SKイノベーション』に要求している「営業秘密窃盗」の賠償金額は「1兆ウォン約9,600億円)」などと報道されているのですが、『現代自動車』のリコール費用も同じ「1兆ウォン」と推算されています。

ですので、『SKイノベーション』が『LGエネルギーソリューション』に支払った賠償金1兆ウォンがそのまま『現代自動車』にいくという、世にもあほらしい事態があり得るわけです。

GMの「燃える電気自動車」も韓国バッテリーのせいという疑惑
GMの自動車で火災が起こっているのは韓国産のバッテリーが原因ではないのかと韓国メディアが報じました。 韓国『現代自動車』の電気自動車「コナ」で火災が多く起こっており、その原因は韓国国土部が「バッテリーセル」の製造不良にあることを指摘さ...
韓国『新生LG』早速に米でリコール!家庭用エネルギー貯蔵バッテリーで火災
バッテリー事業部門を本体から切り離して別会社にした韓国『LG化学』。新しく発足した『LGエネルギーソリューション』が早速『LG化学』の後始末をすることになっています。 今度は電気自動車用のバッテリーではなく、家庭用エネルギー貯蔵システ...

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました