おススメ記事
広告

韓国の家計・企業の負債は世界的懸念レベル!「アジア通貨危機」時に匹敵する水準

広告

韓国の経団連といわれる『全国経済人連合会』が公表した、韓国の家計負債を外国と比較したリポートをご紹介します。

最近5年間の、韓国の民間債務の増加速度、国際的にも懸念すべきレベル

というタイトルのリポートです。

何度もご紹介していますが、韓国の家計負債はすでに対GDP比で100%を超え、つまりGDPよりも負債の方が多いという状態になっています(2020年末時点で103.8%)。

で、これが韓国の場合、家計負債だけではなく、政府、企業も足して、「政府・企業・家計」の3部門全てで負債が急増しているので大問題なわけです。

政府負債についてはもう何度も、韓国企画財政部の洪楠基(ホン・ナムギ)副首相兼企画財政部長官が口を開く度にご紹介してきたので、ここでは置くとして、企業・家計負債の2つについて見てみましょう。

『全国経済人連合会』の同リポートに非常にいいグラフが出ていますので、これを以下に引用させていただきます。


記事末のURLの『全国経済人連合会』リポートから引用。日本語、赤丸、赤線は筆者が説明のために加えました

オレンジの線が企業負債の対GDP比青のラインが家計負債の対GDP比の推移です。

以下が2020年末時点での、現在の対GDP比のステータスです。

2020年末時点「対GDP比率」
企業負債:111.1%(2,137.6兆ウォン)
家計負債:103.8%(1,998.3兆ウォン)

ご注目いただきたいのは、1997年のアジア通貨危機から2年後の1999年に企業負債が「対GDP比:113.6%」となっており、ほとんど2020年現在と似たような水準にあるということです。

つまり、現在の企業負債の水準は、まさにあの『IMF』(International Monetary Fundの略:国際通貨基金)危機時に匹敵するほどだというわけです。

家計負債の方はアジア通貨危機時の倍以上の水準です。

さらに見ていただきたいのは、2017年以降の傾きの急さです。つまり、文在寅大統領が就任以降に急激に負債が増えたことを意味します。

負債増加のスピードが早すぎる!

韓国が問題なのは、まさにこの負債の増加するスピードです。以下は2016年と2020年における負債対GDP比率を、韓国とG5で比較したデータです。

G5とは、アメリカ合衆国、イギリス、日本、ドイツ、フランスです。

まずは家計負債の対GDP比率

2016年2020年伸び率
韓国87.3%103.8%18.9%
G5平均66.1%72.5%9.7%

明らかに韓国はG5平均よりはるかに早く負債が急増しています。

次に企業負債の対GDP比率

2016年2020年伸び率
韓国94.4%111.1%17.7%
G5平均90.0%104.9%16.6%

※上掲2つの表組は『全国経済人連合会』のリポートからMoney1編集部が作成しました

G5平均より少し早いだけと思われるかもしれませんが、G5平均より早くてどうするんだという話です。――このように韓国の企業・家計負債は非常に早い速度で上がり続けています。特に家計負債は、先にご紹介したとおり『韓国銀行』も懸念を表明しております。

⇒参照・引用元:『全国経済人連合会』公式サイト「韓経研]民間債務の現状と国際比較」

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました