おススメ記事
広告

中国が台湾に「本土でワクチン接種を受けられる」と呼びかける。台湾は不快感

広告

台湾の英語メディア『Taiwan News』に非常に興味深い報道が出ました。北京が「台湾人は中国本土でワクチン接種を受けられる」と呼び掛けたのですが、それについて台湾からの批判を報じています。

2021年06月11日、中国台湾事務弁公室(China’s Taiwan Affairs Office)の馬暁光報道官は、

北京は常に「台湾同胞」を支援し、パンデミックに立ち向かいたいと考えており、『シノファーム』と『シノバック』のワクチンを提供していると述べた。

しかし、台湾の『民進党』は常にこれに反対しており、台湾人が中国製のワクチンを接種するのを防ぐための言い訳をしている。

と述べています。また「台湾人は中国を訪問してワクチン接種を受けられる」とも発言しました。

そもそも台湾では中国製のワクチンに対する忌避感が強く、その信頼性についても疑念を抱いています。また、蔡英文総統によれば、台湾のワクチン購入を邪魔しているのは中国です。そのため、日本、アメリカ合衆国は台湾にワクチンを台湾に供給するべく空輸を行いました。

この馬報道官の発言はまさにおためごかしであり、台湾を懐柔するためのものとしか見えません。

このような中国の態度に対して、台湾の「大陸委員会」(Mainland Affairs Council:略称「MAC」)は、

北京が本当に台湾人の健康と安全を心配しているのなら、防空識別圏(ADIZ)への侵入や台湾を政治的に孤立させるキャンペーンをやめ、台湾のワクチン購入活動への干渉もやめるべきだ

と不快感を露わにしています。

さらにいえば、台湾人が中国に行って行方不明――なんて事件が起こるのですから(本当です:本稿末の過去記事を参照してください)、台湾の皆さんもあまり中国には足を運びたくないのではないでしょうか。

中国に旅行に出かけた台湾人「48人」が行方不明なまま!
中国の恐ろしさを知らせる記事が台湾メディア『Taiwan News』に出ましたのでご紹介します。恐らく日本人も知っておいた方がいいのではないでしょうか。 『Taiwan News』は2020年10月15日、台湾の大陸委員会(略称:MA...

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました