おススメ記事
広告

亡命の件

広告

中国「国家安全部」の董経維副部長が大量のお土産を持ってアメリカ合衆国に亡命した――という情報についてです。いまだに「真偽不明」ですが、合衆国・中国で反応がありました。

「正確ではない」の意味は?

合衆国政府当局が、この話がどこから広がったのか確認しているという報道が出ています。また、『SpyTalk(スパイトーク)』は独自に、政府当局者が現在流布されている情報について同紙に「not accurate(正確ではない)」と述べた、と報じています。

「正確ではない」の意味はなんでしょうか。

以下が、現在ネット上で流布されている真偽不明の情報、うわさです。

中国「国家安全部」のナンバー2、董経維副部長が、2021年02月中旬、合衆国カリフォルニア州の大学に在籍する娘を訪ねるという名目で中国を脱出。
(娘と共に香港から合衆国に向かったという中国メディアあり)

合衆国の『国防情報局』(Defense Intelligence Agency:略称「DIA」)に保護を求めた。『DIA』の保護下に入るまでの約2週間、董副部長は身を隠していた。

董経維副部長が『DIA』に渡したとされる情報
・現在SARS-CoV-2として知られているウイルスの初期の病原性研究
・予測されたCOVID-19の広がりと合衆国および世界への被害のモデル
・SARS-CoV-2およびその他の生物兵器研究の研究に資金を提供した正確な組織および政府の詳細を示す財務記録
・中国に情報を提供する合衆国市民の名前
・合衆国で働いている、または合衆国の大学に通っている中国のスパイの名前
・中国政府から金銭を受け取った合衆国のビジネスマンや公務員を示す財務記録
・合衆国政府当局者が中国のスパイやロシアのSVRのメンバーと行った会議の詳細
・中国政府がどのようにしてCIA通信システムにアクセスし、CIAと協力していた数十人の中国人を死に至らしめたのか

『RedState』『SpyTalk』『FreeBeacon』『阿波罗新闻』『捜狐』などによる

正確でないというのは、一部がでしょうか、それとも全てでしょうか?

中国は亡命否定情報を出す

中国の動きは、「董経維副部長の亡命はウソだ」とストレートに言うのではありませんが、亡命を否定する情報を出しています。

2021年06月18日「中央政法委員会」は微信(WeChat)に「国家安部の董経維副部長がシンポジウムを主催したという書き込みを行いました(以下:これは先にご紹介済)。

06月23日には、「中国警方在线」の公式アカウントに、同日開催された「上海協力機構加盟国の第16回安全会議幹事会」に中国共産党国務委員兼公安部長の趙克志さんが出席したことを伝える投稿が上がりました。

この会議を撮った写真に亡命したはずの董副部長の姿があります。


↑董副部長は右端とされる

この会議について書いた公式アカウントのマイクロブログの記事には、

「(前略)国家安全部副部长董经纬参加会议(国家安全部董経維副部長が会議に参加した)」と書かれています。

06月18日に公開した情報では、写真がない、場所が分からないなどの突っ込みがあったため、23日には写真もあり、場所も上海と分かる情報を出したのです。

――この亡命関連のうわさはいまだに真偽不明です。全くのガセネタである可能性もありますが、一方で情報戦が戦われているのかもしれません。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました