「合衆国・中国は合意するはず」という見方は危なくないのか? 注視すべき

アメリカ合衆国と中国の通商協議は「かなり進展している」ということで、市場は「景気後退のリスクは小さくなった」とし好調です。しかし、04月04日にはトランプ大統領自身が協議の進展を認めながらも、「素晴らしいディールでなければ受け入れない」と明言しています。民主党からは蛇蝎のように嫌われている大統領ですが、このような対中国でのブレない姿勢を評価する声も広がっています。

トランプ大統領が言う「大きな取引(The big deal)」が達成され、あと調印だけという段階になれば「トランプ大統領と習近平主席との会談」の日時が発表されるでしょう。実際に発表されるまでは、警戒を解くべきではないでしょう。もし、中国の卓袱台返しが起こったら、市場に与えるインパクトは巨大なものになります。

また、気を付けないといけないのは、合衆国と中国の間でThe big dealを実現する貿易協定が結ばれたとしても、中国の経済状況が好転するわけではないという点です。外国から資金を導入することによってしか経済を維持できないという、その「仕組み」は全く変わっていないのです。しかも、新しい貿易協定によって外国からの資金を呼び込みやすくなるかもしれませんが、それは「資金逃避」がより簡単になることでもあります。

皮肉なことですが、新貿易協定によって「資金逃避が大きくなる」ことも考えておかなければならないのではないでしょうか?

(柏ケミカル@dcp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です