おススメ記事

トルコ「エルドアン続投でリラ安がトンデモない」

広告

小ネタかもしれませんが「どうするんだろう」という話なので、ご紹介します。

トルコの大統領選挙が、結局決選投票の末に現職エルドアン大統領(Recep Tayyip Erdogan/レジェップ・タイイップ・エルドアン)の再選となりました。ずいぶん前にご紹介したことがありますが、この人はおかしな経済観念を持つ人で、「利上げ」を極端に忌避します。

なにせ、トルコが「ド」がつくインフレに襲われていても、利下げに踏み切るという人なのです。

インフレは物の価値が上昇していることなので、対抗するためにはお金の価値を上げなければなりません。つまり、利上げが必要です。しかし、エルドアン大統領は真逆の利下げを平気で行い、欧米の金融当局、投資家から失笑を買ったことがあります(というか呆然とさせた)。

国民がインフレで困っているというのに、さらにインフレを進行させる施策を取ったのです。

また、まともな通貨政策を行う中央銀行総裁は次々に更迭。このような大統領の下では真っ当な金融施策は期待できませんし、中央銀行の総裁になりたいなんて人もいません。

エルドアン大統領がこのように「利上げ」を憎む理由は、イスラム原理主義者的なところがあるからだと見られています。

これまた先にご紹介しましたが、イスラムの教えにおいては「利息を取ってお金を貸すことはいけないこと」であり、エルドアン大統領はイスラムの神学校(イスラムの僧侶を育成する学校)に通っていた経験を有しています。

トルコ大統領はなぜ頑なに「利上げ」を拒否するのか?
トルコでインフレが進行し、極端な通貨安に陥っていることは各種ニュースで皆さんもご存じのとおりです。このような場合には金融政策として「利上げ」を行わなければなりません。つまりお金の価値を上げるために、流通量を絞るよう誘導するわけです。これは経...

信教の自由はありますが、経済に宗教はなんの役にも立ちません。

以下はドルとトルコリラのチャートです。

トルコリラは、まさに「なんだこりゃ(笑)」という右肩上がり。安値進行を続けているのです。

エルドアン大統領が勝利してまたピコンとリラ安が進みました。トルコの皆さんは本当にこの大統領でいいのでしょうか。

(柏ケミカル@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました